しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、一人行動の生き方・過ごし方・楽しみ方、書籍(漫画も含む)、勉強法、動画(youtubeなど)を中心に投稿いたします。

【堀江貴文(疑う力)】パソコンやスマホなどで才能が開花できる!

こんにちは。

 

しんちゃんです。

 

今回は、「【堀江貴文(疑う力)】パソコンやスマホなどで才能が開花できる!」について、お話します。

 

・パソコンやスマホなどで才能が開花できる!

 

最近、パソコンやスマホなどで、学校で禁止にしたりしています。また、規制しているところもあります。(なぜ、禁止や規制にしたがるのかは次回、お話します。)

 

しかし、パソコンやスマホなどを使えば、才能が開花することが出来ます。

 

なぜ、才能が開花することが出来るのか。そのことについて、お話します。

 

・没頭できる才能が開花できる!

 

パソコンやスマホなどを使えば、開花することが出来るのか。

 

本書でもある【堀江貴文(疑う力)P141の13行からP142の5行目まで】はこんなことを書かれています。

 

「一つのことにのめりこみ、何時間もスマホやゲームに熱中することは、害悪でもなんでもない。「いつまでも飽きない」「いつまでも何かに没頭できる」というのは、誰にでも真似できるものではない誇るべき資質だ。

「ゲームばかりしていないで勉強しなさい!」というバカ親の言葉が、とんでもない才能を潰すことになるかもしれない。いまや抜きんでたゲームの才能があれば、億の収入を得ることも、オリンピックに出ることも夢物語ではないのだ。

 

と書かれていました。

 

確かに、一つのことに没頭することができれば、最大の武器になることに間違いありません。

 

私もそうですが、ゲームをやると夢中に時間を忘れてしまいます。夢中になることは悪いことではありません。

 

むしろ、才能があると私は思います。

 

・没頭していたことが現実になったことも!

 

実は、没頭していたことが現実になったという例もあります。

 

それは、仲邑菫さんというかたがいます。その方は、プロ囲碁棋士に認定されています。

 

なぜ、仲邑菫さんはプロ囲碁棋士になれたのか。

 

じつは、AIによって鍛えられたのです。

 

なぜ、AIによって、鍛えられたのか。プロ棋士である父親とアマチュア棋士である母親とともに、AIの囲碁ソフトで没頭していたという。

 

それだけでなく、スティーブ・ジョブスも、1歳か2歳かで直感的に操作できるようにiPhoneiPadを設計したといいます。

 

没頭していたことが、数々の才能や発明など開花することが出来たのです。

 

・まとめ

 

以上のように、「【堀江貴文(疑う力)】パソコンやスマホなどで才能が開花できる!」について、お話しました。

 

パソコンやスマホなどができたからこそ、新たな才能が開花することが出来ます。実例もあります。

 

これからは、遠慮なく使うべきだと私はそう思っています。

 

それでは。

 

<参考書籍>

「疑う力」

著者:堀江貴文(ほりえたかふみ)

発行所:株式会社宝島社