しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月2回投稿いたします。

【一人で生き抜く書籍】「日本が売られる:堤未果」日本の未来が心配している人はおすすめ

 

「日本のおいしい食べ物が心配」

 

「日本の未来が心配になるなあ」

 

「これからの日本、どうしたらいいのかな?」

 

上記のように、日本の未来が心配している人に向けて書いています。

 

しかし、日本の未来を心配しているのに、こんな考え方をしている人も。

 

「日本の未来を心配してどうするの?日本の食べ物はおいしい、安全もあるから大丈夫だよ。そんなことを考えるな」

 

日本の未来を心配している人と日本は安全だという人に、方法があります。

 

日本が売られる:堤未果」を読んで、日本は何を売られているのかを知っておくこと。

 

本記事を読んで、日本のこれからのことについて、しっかり考え、生き抜いていきましょう。

 

【前作】:

【一人で生き抜く書籍】「デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」個人情報を心配している人はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【前作】:

【一人で生き抜く書籍】「デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」キャッシュレス決済に不安を持っている方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【前作】:

【一人で生き抜く書籍】「デジタル・ファシズム(第3章編):堤未果」考える力が欲しい人はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【前作】:

【まとめ記事】「デジタル・ファシズム:堤未果」を読みたい人はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

 

「日本が売られる:堤未果」を読んで欲しい方

 

  • 堤未果さんのファンの方
  • 「日本が売られる」を読んでいる方
  • 日本の未来を心配している方
  • 一人で生き抜く知識を身につきたい方

 

「日本が売られる:堤未果」を読んで得られること

 

  • 堤未果さんの書籍を読みたくなります
  • 「日本が売られる」をもっと読みたくなります
  • 日本の未来を真剣に考えられるようになります
  • 一人で生き抜く知識の一つとして身につけられるようになります

 

「日本が売られる:堤未果」の概要

 

 

日本はおいしい食べ物、保証が安全などとすばらしい国だと誰もが思っています。

 

しかし、ほとんどの日本人は知らない。日本が着々と売られていることを。そんなバカなという人もいるかと思われます。

 

日本が売られているのは、アメリカ、中国、EUの3か国。この3か国は、日本のおいしい食べ物、保証が安全などといったものが狙われています。

 

しかも、コロナのうらで、さらに着々と動いています。今でも動き続けています。しかも、実行しているものも。

 

それを知るためには、「日本が売られる:堤未果」を通しながら、解説してくれます。

 

「日本が売られる?バカか?」、「日本は安全だよ。バカか?」などという人たちにおくります。

 

知らないと日本はなくなるよ。

 

「日本が売られる:堤未果」のプロフィール

 

堤未果(つつみみか)。国際ジャーナリスト。東京生まれ。NY州立大学国際関係論学科卒。NY市立大学大学院国際関係論学科修士号

 

国連、米国野村證券などを経て、米国の政治、経済、医療、教育、農政、公共政策、エネルギーなどをテーマに、現場取材と公文書による調査報道で活躍中。

 

講演・各種メディアに出演。多数の著者は海外でも翻訳されている。

 

報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』で黒田清日本ジャーナリスト会議新人賞、『ルポ 貧困大国アメリカ』(三部作、岩波新書)で中央公論新書大賞、日本エッセイストクラブ賞受賞。

 

沈みゆく大国アメリカ』(二部作、集英社新書)、『政府は必ず嘘をつく』(二部作、角川新書)、『核大国ニッポン』(小学館新書)、『社会の真実の見つけかた』(岩波ジュニア新書)、『アメリカから<自由>が消える』(扶桑社新書)他著書多数。

 

夫は参議院議員川田龍平氏。

 

「日本が売られる:堤未果」の3個の抜粋ポイント

 

 

日本が売られる:堤未果」を読んで、抜粋ポイント3個をまとめました。

 

  1. 日本の資産と未来が売られてしまう(読む前・読んだ後・今後の行動)
  2. 日本の食の安全性がなくなっていく(読む前・読んだ後・今後の行動)
  3. 仕事がどんどん失っていく(読む前・読んだ後・今後の行動)

 

①日本の資産と未来が売られてしまう

 

【読む前】

 

デジタル・ファシズム:堤未果」を読んだきっかけで、日本の未来を知るために堤未果さんの書籍を探した

 

探したら、「日本が売られる:堤未果」を見つけることができた。

 

【読んだ後】

 

日本が売られる:堤未果」を読み、大事にしていた日本の資産と未来を失うことがわかった。

 

  1. 水が売られる(水道民営化)
  2. 土が売られる(汚染土再利用)
  3. タネが売られる(種子法廃止)
  4. ミツバチの命が売られる(農業規制緩和
  5. 食の選択肢が売られる(遺伝子組み換え食品表示消滅)
  6. 牛乳が売られる(生乳流動自由化)
  7. 海が売られる(漁協法改正)
  8. 森が売られる(森林経営管理法)
  9. 農地が売られる(農地法改正)
  10. 築地が売られる(卸売市場解体)
  11. 労働者が売られる(高度プロフェッショナル制度
  12. 日本人の仕事が売られる(移民50万人計画)
  13. ブラック企業対策が売られる(労働監督部門民営化)
  14. ギャンブルが売られる(IR法)
  15. 学校が売られる(公設民営学校解禁)
  16. 医療が売られる(国保消滅)
  17. 老後が売られる(介護の投資商品化)
  18. 個人情報が売られる(マイナンバーが外国企業へ)

(「日本が売られる:堤未果」の目次より)

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 気づかずに売られていたことを知らなかった
  • 日本はすばらしくなかったとあらためて実感

 

あげられたもの以外にもありそうな気がしてたまらない。

 

【今後の行動】

 

日本がきづきあげたものを取り戻さないといけない。これからも日本の動向を見て、失ってはいけないということを伝えていきます。

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」支配者側の都合を知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「バカのための思考法(第1章編):浅村正樹」教育に違和感を覚えている方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

②日本の食の安全性がなくなっていく

 

【読む前】

 

情報収集をしているとき、「遺伝子組み換え」、「ゲノム編集」という言葉が気になって、「日本が売られる:堤未果」を読んだ。

 

【読んだ後】

 

日本が売られる:堤未果」を読み、「遺伝子組み換え」、「ゲノム編集」は安全性がないということがわかった。

 

身近なものでいうと、しゅうゆ、みそ、油など。牛や豚、鶏、卵、牛乳や乳製品などもあげられます。

 

ただし、表示する義務がないので見ることができない。しかも、魚でも遺伝子組み換えが。

 

ただ、外食では表示義務がないので、まったくわからないのも事実。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 知らず知らず食べていたことにゾッとした
  • 人を死なせたいのかと疑ってしまう
  • いつの間にかわからない言葉になっていた

 

「遺伝子組み換え」、「ゲノム編集」は未知なので、こわさはあります。

 

【今後の行動】

 

ほとんどの食品が「遺伝子組み換え」なので、さけることがむずかしくなってきています。

 

せめて、成分表示を確認しながら、なるべく食べないようにします。あと、危険性も伝えていく。

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「バカのための思考法(第4章編):浅村正樹」GAFAMのことを知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):秋嶋亮」二ホンの仕組みと生き抜く方法を知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

③仕事がどんどん失っていく

 

【読む前】

 

最近、日本で外国人働いているなあと。めずらしくなくなってきたなあと肌で感じていました。

 

【読んだ後】

 

日本が売られる:堤未果」を読み、外国人を雇った方が得だとわかったのです。

 

人件費削減もあって、高い日本人を雇うより、安い外国人を雇った方が得だと。

 

今はコンビニで働いているところもあります。しかし、今後、外国人労働者によって、さまざまな職種が奪われていきます。

 

日本人が日本で働くことがむずかしくなってくるでしょう。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • ものめずらしさは疑った方がいいと感じてしまった
  • 日本は安泰だというのはやはり、まぼろしだったと実感

 

今後、「働く」という意味、あらためて考えなければいけないと感じてしまった。

 

【今後の行動】

 

今後、どんな職種がなくなっていくのかを見ていかなければならない。他人事ではないので、しっかり危機感を伝えていきます。

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):響堂雪乃」これからの二ホンが起きることを知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「バカのための思考法(第5章編):浅村正樹」感情の仕組みを知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

まとめ

 

 

以上のように、「【一人で生き抜く書籍】「日本が売られる:堤未果」日本の未来が心配している人はおすすめ」について、お伝えしました。

 

まとめると以下の通り。

 

  • 約20個、気づかずに法律が変わっていたことがわかってしまった
  • 確実に日本がなくなりつつあると感じた
  • 「遺伝子組み換え」、「ゲノム編集」は安全性がまったくない
  • 「分別生産流通管理済み」になっていて、わかりにくい
  • 安い外国人労働者を雇った方がお得
  • 日本人が日本で働くのがむずかしくなっていくのであろう

 

それでは。