しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月曜日、水曜日、金曜日の午後6時です。

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):響堂雪乃」これからの二ホンが起きることを知りたい方はおすすめ

 

(結論:何が起きても不思議ではないように、知識を身につけていこう!)

 

しんちゃん(架空のキャラクター)は、これからの二ホンについて、怖く感じていた。

 

今の時代もそうです。

 

しかし、生きていくためにもどうすればいいのか。

 

悩んでしまいました。

 

しんちゃん(架空のキャラクター)は、「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:響堂雪乃」を思い出した。

 

確か、第5章のことを。

 

しんちゃん(架空のキャラクター)は、第5章を読んだ。

 

今起きていることと、これから起きることを不安を強く感じました。

 

そのためにも、生き抜く知識をどんどん身につけていこうと決意した。

 

 

「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):響堂雪乃」を読んで欲しい方

 

  • これから二ホンが何が起きるか知りたい方
  • 社会学に興味がある方
  • 生き抜く知識を身につけたい方
  • 響堂雪乃(秋嶋亮)のファンの方

 

「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):響堂雪乃」を得られること

 

  • これから二ホンが起きることが起きても、対応することができます
  • 生き抜く知識の一つとして得られます
  • 響堂雪乃(秋嶋亮)の主著をもっと読みたくなります

 

 

「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):響堂雪乃」の概要

 

 

「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編)」の概要は、下のリンクへ↓

www.shinchanhitori.com

 

 

 

「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):響堂雪乃」のプロフィール

 

 

「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編)」のプロフィールは、下のリンクへ↓

www.shinchanhitori.com

 

 

「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):響堂雪乃」の4個の抜粋ポイント

 

 

しんちゃんは、「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):響堂雪乃」を読んで、4個抜粋しました。

 

  1. 言論不自由になります
  2. 文化が破壊されます
  3. 監視社会に
  4. 戦争に行くようになってしまう

 

①言論不自由になります

 

政府や国にネット公開で批判すると、処罰されます。

 

なぜなら、秘密をばらされたくないから。

 

ひみつをばらされると自分たちにとって、都合が悪くなります。

 

ヘタしたら、大損害になることも。

 

そうならないためにも処罰する必要があるのです。

 

②文化が破壊されます

 

二ホンが大事にしていた文化が、破壊されます。

 

なぜなら、知られると困るから。

 

政府にとって、国民に知られたくない情報を知られたら、困ってしまいます。

 

困らないためには、文化(倫理、生命、人権など)を破壊し、考えさせなくさせます。

 

③監視社会に

 

これから、常に監視社会になります。

 

なぜなら、デモなど起こしてはいけないから。

 

そうならないためにも、メールや通話記録なども調べます。

 

誰が、いつ、どこでなどもすべて。

 

国によって管理されてしまうのです。

 

④戦争に行くようになってしまう

 

国民がどんどん貧乏になっていき、戦争に行くようになってしまいます。

 

なぜなら、わざと行かせるようにするためだから。

 

外国人労働者(安く雇用ができるから)が入っていくと、働けない二ホン人が増えます。

 

アルバイトを探すのも困難に。

 

お金がなくなり、困ってしまいます。

 

そうすると、仕方なく戦地に行き、危険でも、仕事をして稼ぐ。

 

しかし、これこそ戦争に行くようになってしまう仕組みなのです。

 

 

 

まとめ

 

以上のように、「【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):響堂雪乃」これからの二ホンが起きることを知りたい方はおすすめ」について、お話しました。

 

「何が起きても不思議ではないように、知識を身につけていこう!」

 

生き抜くためにも、自ら進んでいくのが大事。

 

やらないと確実に死にます。(冗談ではなく)

 

コツコツやっていきましょう。

 

それでは。

 

(これまでの「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ」は、下のリンクへ↓)

www.shinchanhitori.com

www.shinchanhitori.com

www.shinchanhitori.com

www.shinchanhitori.com