しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月曜日、水曜日、金曜日の午後6時です。

【一人で生き抜く書籍】「同調圧力なんかクソくらえ:堀江貴文」同調圧力に負けずに生きていたい方

 

(結末:みんなと同じになってはいけない。)

 

しんちゃん(架空のキャラクター)は、一人行動が大好き。

 

しんちゃんがこれと決まったら、これでいく。

 

もちろん、ちゃんと考えて決断しています。

 

しかし、「なんでお前はこっちなの?」、「こっちにしろと!」、「みんなと同じに白!」などと言われた。

 

心が折れそうになったしんちゃん。

 

それでも、最後まで自分自身、貫いた。

 

しんちゃんはあることに気づきました。

 

それは、「みんなと同じにしろ!」という言葉にひっかかった。

 

気になったので、私は「同調圧力なんかクソくらえ:堀江貴文」を読んだ。

 

読んでみると、同調圧力が原因だったのです。

 

もちろん、いろんなところに同調圧力が。

 

私は自分自身を貫き、同調圧力に負けずにやっていこうと決意した。

 

 

この記事を読んで欲しい方

 

 

同調圧力なんかクソくらえ:堀江貴文」を読んで得られること

 

  • 同調圧力の理解を得られます
  • 生き抜く知識を身につけ、自信を持つことができます
  • ホリエモンがもっと好きになります

 

同調圧力なんかクソくらえ:堀江貴文」の概要

 

 

出版社 ‏ : 宝島社 (2021/2/26)
発売日 ‏ : 2021/2/26
言語 ‏ : 日本語
新書 ‏ : 240ページ

 

著者でもある堀江貴文(ほりえたかふみ)は、現在、実業家として活動中。

 

さらに、宇宙ロケット開発なども幅広く活動を展開しています。

 

 

 

同調圧力なんかクソくらえ:堀江貴文」のプロフィール

 

「 東洋経済オンライン 堀江貴文「誰だってタダでいくらでも学べる」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュー」

 

あらためて、しんちゃんは、堀江貴文のプロフィールをおさらいした。

 

堀江貴文(ほりえたかふみ)

 

1972年、福岡県八女市生まれ。

 

実業家。

 

SNSmedia&consulting株式会社ファウンダー。

 

現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリのプロデュースを手がけるなど幅広く活動を展開。

 

有料メールマガジン堀江貴文のブログでは言えない話」は1万数千人の読者をもち、2014年には会員制のオンラインサロン「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」をスタート。

 

著者に『多動力』(幻冬舎)、『10年後の仕事図鑑』(落合陽一氏との共著、SBクリエイティブ)、『バカとつき合うな』(西野亮廣氏との共著、徳間書店)などがある。

 

 

 

同調圧力なんかクソくらえ:堀江貴文」の6個の抜粋ポイント

 

 

しんちゃんは、「同調圧力なんかクソくらえ:堀江貴文」を読んで、6個の抜粋ポイントを見つけることができた。

 

①コロナ報道はお金になります

 

マスメディアがあおればあおるほど、視聴率稼ぎにもお金稼ぎにもなります。

 

理由は、おいしいから。

 

ニュース番組は見ない方がいい。

 

実際、私もマスメディアは洗脳マシンで操られているからです。

 

②「がっかり」発言が切り取り報道だった

 

桜田義孝五輪担当大臣(当時)の「がっかり」発言、切り取り報道だった。

 

理由は、印象操作をするためです。

 

ゲーム脳スマホ中毒など何の意味がない

 

スマホ中毒などは脳科学的には何の意味がない。

 

スマホ中毒など精神病患者扱いしたがるだけ。

 

仕事を増やすためでもあります。

 

④マンガ、バカにしてはいけない

 

大の大人たちがマンガはくだらないと、今でも思っているでしょう。

 

しかし、マンガは時間効率がものすごくよく、情報量が多い。

 

マンガからでも学べることが多いと考えています。

 

実際、私も「ドラゴン桜」シリーズを読み、知的好奇心を学んでいます。

 

⑤資格はもはや必要ない

 

資格や免許の存在があるのは、単なる利権。

 

つまり、お金を稼ぐために守っているからです。

 

資格や免許を持つ意味がありません。

 

⑥立派なマイホームを買うのは地獄しかない

 

マイホームを買ったら、もう地獄しかない。

 

固定資産税だけでなく、ローンも支払いしなくてはいけません。

 

たとえば、30年ローンとか。

 

修繕費だってかかってしまいます。

 

働いている間、病気になる可能性もあります。

 

マイホームは男の夢だと決めつけてはいけないと私は考えています。

 

男の夢は先に考えない憧れのものだと。

 

 

 

まとめ

 

 

以上のように、「【一人で生き抜く書籍】「同調圧力なんかクソくらえ:堀江貴文同調圧力に負けずに生きていたい方」についてお話しました。

 

「みんなと同じになってはいけない。」

 

流れとか安心感があるとか理由にせずに、自分自身の考え、生き抜いていきましょう。

 

それでは。