しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月曜日、水曜日、金曜日の午後6時です。

【持ち物】一人ディズニーを楽しもう!

こんにちは。しんちゃんです。

今回は、「【持ち物】一人ディズニーを楽しもう!」についてお話します。

 

一人ディズニーを楽しむためにも何をもってきたらいいのか、困りますよね。

 

そこで、一人ディズニーを楽しむためにも持っていく持ち物は何なのかはわかります。一人ディズニーを楽しむために参考にしてみてください。

 

 

 

この記事を読んで欲しい方

 

  • 一人ディズニーを楽しみたい方
  • 一人ディズニーで持ち物を知りたい方

 

 

一人ディズニーを楽しむためには持ち物は欠かせない

 

f:id:Q45vb4:20201105141418j:plain

出典:(じゃらんNet)ひとりディズニーの楽しみ方!おすすめアトラクションや

 

一人ディズニーを楽しむためには持ち物は欠かせない。楽しむためには重要な持ち物、余裕があれば持っていく持ち物についてお話します。一人ディズニーを楽しむためには頭に入れておきましょう。

 

 

 

一人ディズニーを楽しむための重要な持ち物

 

f:id:Q45vb4:20201105141722j:plain

出典:(アメブロ)【1泊2日】ミニマリスト、ひとりディズニー持ち物リスト

 

まず、一人ディズニーを楽しむためにも重要な持ち物についてお話します。大きく分けて10個。

 

  1. 保険証
  2. モバイルバッテリー
  3. チケット引き換え
  4. スマホ
  5. クレジットカード・現金
  6. 交通系電子マネー・帰りの切符
  7. スニーカー
  8. 洋服
  9. メガネ・サングラス
  10. バック

 

①保険証

 

身分証でもあり、必要不可欠。

 

パーク内で急に体調を崩すか怪我をしてしまった場合は救護室へ行くことになります。重体だと浦安市内の病院へ搬送。

 

最悪の事態を考えて、チケットと財布同様に重要な持ち物です。

 

②モバイルバッテリー

 

一日中、パークで遊ぶことを考えれば2個か3個必要。園内でもモバイルバッテリーは販売しております。

 

しかし、値段は高め。持参したほうがいいでしょう。持参するなら軽量タイプがおすすめ。

 

③チケット引き換え

 

もっとも重要な持ち物の一つ。チケット引き換えです。

 

もし、忘れてしまったら、また買わなくてはいけない。下手したら予算オーバーになります。忘れずに確認しておきましょう。

 

スマホ

 

待ち時間になったときに調べたり、ゲームしたり、写真を撮ったりするなど欠かせない。

 

一人ディズニーを楽しむアプリの一つ「Disney Resort」は、出かける前にダウンロードしておこう。

 

アプリを使えば、ショーの抽選や待ち時間確認できます。それだけでなく、QUICPay、iD、Suicaなどを搭載していれば、パーク内支払うことができます。

 

⑤クレジットカード・現金

 

たくさんの現金を持っていくと盗難や落ちてしまう可能性も。ある程度の現金とクレジットカードを持っていきましょう。もちろん、クレジットカードは自己管理で。

 

交通系電子マネー・帰りの切符

 

楽しんだ後の帰りは疲れてきます。それだけでなく、電車も混んでしまう恐れも。

 

そうならないためにも、朝の時点で帰りの切符を買っておきましょう。あと、交通系電子マネーの残高も忘れずに。

 

⑦スニーカー

 

持ち物というよりは、必ず履いていくものです。

 

いろいろ遊びまわるのでおしゃれより機能性重視の方がいい。当日は履き慣れたスニーカーで行きましょう。

 

⑧洋服

 

スニーカーと同様な理由になりますが、着慣れた洋服で行くのがベスト。また、楽な洋服でもいい。

 

地べたに座ってもいいような服装も頭にいれておきましょう。

 

⑨メガネ・サングラス

 

普段メガネをかけている方は忘れずに持っていきましょう。サングラスは、紫外線を受けたくない人はおすすめ。

 

⑩バック

 

手が自由にするためにも肩掛けバック、またはリュックがおすすめ。すぐに持ち物を取り出せるので便利です。

 

 

 

一人ディズニーを楽しむための余裕があれば持っていく持ち物

 

f:id:Q45vb4:20201105142035j:plain

出典:(社会人恋活サークルISTコミュニティ - Jimdo)【保存版】ディズニーへ行く時に便利な季節ごとの持ち物

 

つぎに、一人ディズニーを楽しむための余裕があれば持っていく持ち物をお話します。大きく分けて18個。

 

  1. シート
  2. クッション
  3. カメラ・メモリーカード
  4. 書籍
  5. タブレット
  6. マスク
  7. 靴ずれ防止グッズ
  8. ばんそうこう
  9. 痛み止め
  10. 保湿アイテム
  11. ウェットシート
  12. ジップロップ
  13. 雨具
  14. 水筒・ペットボトル
  15. ペンとメモ帳
  16. ガムとあめ
  17. これまで買ったディズニーグッズ
  18. 参考:季節的な持ち物

 

①シート

 

パレードやショーを鑑賞する方なら必ず必要です。シートそのものが柔らかい厚手のタイプがおすすめ。

 

②クッション

 

シートだけでは、お尻が痛くなります。折り畳みマットなどでは、100円均一でよく見かけます。欲しい方は必ず購入しておこう。

 

ちなみに、座高が高くなるタイプは、ショー開始までは畳んでおこう。

 

③カメラ・メモリーカード

 

デジカメで撮りたい方は忘れずに持っていきましょう。いつでもミッキーたちは笑いかけてくれます。

 

一人ディズニーでは、じっくりカメラをかまえて、推しキャストやキャラの撮影に多くハマっている人も。バッテリーやメモリーカードの容量も忘れずにチェック。

 

④書籍

 

待ち時間はとにかくヒマになり、しゃべる相手もいません。暇つぶしの一つとして、書籍を読んで時間を潰しましょう。紙か電子書籍はおまかせで。

 

タブレット

 

スマホとはまた別に、タブレットがあると一人ディズニーが非常にはかどります。アプリやSNSが閲覧しやすくなります。

 

カメラ性能がいいタブレットなら、デジカメや一眼がいらなくなる可能性も。

 

⑥マスク

 

花粉症の方は春になると必要なアイテムです。何枚か用意したらいいでしょう。

 

⑦靴ずれ防止グッズ

 

足が痛くなると楽しくなくなります。薬局・ドラッグストアに行けば必ず売っているアイテム。かばん・リュックにいれておきましょう。小さめなので重くなく、問題ない。

 

ばんそうこう

 

もしかしたら、けがをする可能性があります。大したケガではありませんが、ばんそうこうは持っておきましょう。さいふかかばん・リュックに入れておこう。念には念をいれて。

 

⑨痛み止め

 

念には念を入れて、ロキソニンなどの痛み止めを少しだけ持っておこう。安心感がちがいます。頭痛、生理痛対策バッチリしておきましょう。

 

⑩保湿アイテム

 

海沿いのディズニーリゾートなので乾燥しがち。こまめに保湿に気をつけたい。持ち運びできる小さなサイズを選んでおこう。

 

⑪ウェットシート

 

パーク内で食事をするときにウェットシートがあれば便利。おてふきは基本的に用意されていません。自分で持っていくのがおすすめ。楽ちんでもあります。

 

⑫ジップロップ

 

軽食などで食べきれなかったり、雨などで着替えをしたらジップロックは大変便利。かさばらないので、一枚だけでもかばんに入れておきましょう。

 

⑬雨具

 

雨予報がわかれば、持っていきましょう。パーク内でも販売。現地調達するのも一つの手です。

 

⑭水筒・ペットボトル

 

夏は冷たい水や麦茶、冬はホットコーヒーなどを入れておこう。飲み終わったら、パーク内でドリンクを購入する手もあります。

 

ちなみに、パーク内では食べ物の持ち込みは禁止。しかし、水筒とペットボトルは持ち込み可。

 

⑮ペンとメモ帳

 

キャラクターからサインを欲しい方、またはシーのポストから郵便を送りたい方はペンとメモ帳を持っておきましょう。思い出として残ることができます。

 

⑯ガムとあめ

 

待ち時間が長いので気分転換としてガムとあめを用意しておこう。

 

ちなみに、ディズニーリゾートは食べ物の持ち込みは禁止されています。ただし、ガムやあめだけは持ち込み可。

 

⑰これまで買ったディズニーグッズ

 

これまで買ったキャラクターのサングラスやポップコーンバケットなどを持ち込んで自分なりに楽しみましょう。

 

自分なりの一人ディズニーを楽しみましょう。ただし、たくさん持ち込みすぎないように。

 

⑱参考:季節的な持ち物

 

参考までに季節的な持ち物について紹介します。まず、冬は以下の通り。

 

  • カイロ
  • マフラー
  • ひざかけ
  • ジャンバー

 

ちなみに、カイロ、マフラー、ひざかけはパーク内に販売しております。現地調達で購入する手も。

 

ちなみに、春と秋の気温の差が激しいのでカイロや防寒具を用意しておくといいでしょう。

 

次は、夏の持ち物は以下の通り。

 

  • 日焼け止め
  • タオル
  • ぼうし
  • サンダル
  • 着替え
  • 防水ケース

 

ちなみに、ずぶぬれのショーならタオルと着替えは必要になります。ショーに参加するなら持っていきましょう。

 

 

 

より一人ディズニーを楽しむために

 

f:id:Q45vb4:20201105142320j:plain

出典:(Travel Note)ひとりディズニーを満喫しよう!初心者にもおすすめの

 

持っていく持ち物をわかったら、いざ、東京ディズニーリゾートへ。楽しむためにも「一人ディズニーの楽しみ方」、「一人東京ディズニーランドの楽しみ方」、「おすすめホテルで一人ディズニーを満喫しよう!」の記事をもっと楽しめます。ぜひ、ご覧ください。

 

 

 

まとめ

 

f:id:Q45vb4:20201105142622p:plain

出典:(note)ディズニーへ行く時の持ち物|みっちゃん|note

 

以上のように、「【持ち物】一人ディズニーを楽しもう!」についてお話しました。

 

一人ディズニーを楽しむためには持ち物は欠かせません。忘れないためにもしっかり確認して一人ディズニーを楽しみましょう。

 

それではまた。

 

参考文献

castel.jp

 

tamariyoko.com