しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月曜日、水曜日、金曜日の午後6時です。

【一人で生き抜く書籍】「医師が教える新型コロナワクチンの正体:内海聡」新型コロナワクチンに違和感を持っている方はおすすめ

 

(結論:新型コロナワクチンは打つメリットがない)

 

しんちゃん(架空のキャラクター)は、新型コロナワクチンの開発したというニュースを聞いた。

 

しかし、しんちゃんは、ある違和感がありました。

 

わずか1年足らずでワクチン接種するという意味が分からなかった。

 

違和感をおぼえたしんちゃんは、新型コロナワクチンについて調べ始めました。

 

すると、「医師が教える新型コロナワクチンの正体:内海聡」の書籍を発見。

 

早速読んでみました。

 

すると、やはり、「新型コロナワクチンは打つメリットがない」と結論を出した。

 

さらに、新型コロナワクチンのことをもっと詳しく調べていくことにした。

 

 

この記事を読んで欲しい方

 

  • 新型コロナワクチンを知りたい方
  • ワクチンに違和感を持っている方
  • 内海聡先生のファン

 

「医師が教える新型コロナワクチンの正体:内海聡」を読んで得られること

 

  • 新型コロナワクチンの本当の正体
  • 新型コロナワクチンを打ってもらいたい本当の目的
  • 内海聡先生のファンになります

 

「医師が教える新型コロナワクチンの正体:内海聡」の概要

 

 

出版社 ‏ : ユサブル (2021/6/10)
発売日 ‏ : 2021/6/10
言語 ‏ : 日本語
単行本(ソフトカバー) ‏ : 240ページ

 

内海聡先生は現役医師。

 

現在(2021年9月24日)、断薬を主軸としたTokyo DD Clinic院長、NPO法人薬害研究センター理事長を務めています。

 

「医師が教える新型コロナワクチンの正体:内海聡」のプロフィール

 

まず、「医師が教える新型コロナワクチンの正体:内海聡」のプロフィールについて、調べました。

「 八重洲ブックセンター 内海聡 先生 講演会 【 医者が教える実は危ない食品 】 | 八重洲ブックセンター」

 

内海聡(うつみさとし)

 

1974年兵庫県生まれ。

 

筑波大学医学専門学群卒業後、東京女子医科大学付属東洋医学研究所研究員、東京警察病院消火器内科、牛久愛知総合病院内科・漢方科勤務を経て、牛久東洋クリニックを開業。

 

現場から精神医療の実情を告発した『精神科は今日も、やりたい放題』がベストセラー。

 

2021年現在、断薬を主軸としたTokyo DD Clinic院長、NPO法人薬害研究センター理事長を務める。

 

Facebookフォロワーは15万人以上。

 

近著に『医者に頼らなくてもがんは消える』『まんがで簡単にわかる!薬に殺される日本人』『心の絶対法則』(弊社刊)、『ワクチン不要論』(三五館シンシャ刊)などがある。

 

 

 

「医師が教える新型コロナワクチンの正体:内海聡」の13個の抜粋ポイント

 

 

しんちゃんは、「医師が教える新型コロナワクチンの正体:内海聡」を読んだ。

 

13個の抜粋ポイントをまとめることにしました。

 

  1. 新型コロナウイルスは特別扱い
  2. 新型コロナウイルスは印象操作によって、怖いものに
  3. PCR検査はまったく意味がない
  4. 経済学からみて意味がない
  5. 新型コロナウイルスはまったくわからない
  6. 安心な感染対策は意味がない
  7. ワクチン=毒
  8. ワクチンは効果がない
  9. ”御用学者”と”御用聞き政治家”の存在
  10. 新型コロナワクチンの開発が異常に早すぎ
  11. ムーンショット計画で考える力がなくなる
  12. WHO(世界保健機関)は味方ではない
  13. 政府やマスメディアに洗脳されてはいけない

 

新型コロナウイルスは特別扱い

 

新型コロナウイルスは普通の風邪とまったく変わらない。

 

今まで通りの生活で暮らせば問題ないと考えています。

 

実際、私はたいしたことではないと考えているから。

 

新型コロナウイルスは印象操作によって、怖いものに

 

新型コロナウイルスはメディアによる印象操作によって、怖いものになった。

 

PCR検査はまったく意味がない

 

PCR検査はあくまでも研究目的で利用します。

 

なので、感染の結果にあてにならない。

 

つまり、全く意味がないということです。

 

PCR検査はたとえ無料でも利用してはいけないと私は考えています。

 

利用してしまうと無理矢理、陽性となり、感染扱いになってしまう。

 

④経済学からみて意味がない

 

新型コロナウイルスはインフルエンザとほぼ同じです。

 

自粛しても意味がない。

 

経済が悪化することまちがいない。

 

新型コロナウイルスはまったくわからない

 

新型コロナウイルスの正体は、まったくわからない。

 

内海先生によれば、人口ウイルスではないかと考えています。

 

⑥安心な感染対策は意味がない

 

マスク、手洗い、うがいなどしても意味がない。

 

すぐにウイルスや菌が入っていくから。

 

過剰にマスク、手洗いやうがいをしてはいけないと私は考えています。

 

実際、私はうがいはしない。

 

手洗いは泥などの汚れがあれば、手洗いをします。

 

⑦ワクチン=毒

 

ワクチンは体の皮膚や血管内に入れる病原体。

 

つまり、毒であります。

 

⑧ワクチンは効果がない

 

ワクチンを打っても効果がない。

 

むしろ、打った方が重症化してしまいます。

 

ワクチン打っても意味がないと私は考えています。

 

なぜなら、悩み意味がないから。

 

打つ理由がないから。

 

⑨”御用学者”と”御用聞き政治家”の存在

 

製薬会社からの多額の研究費、政府からの補助金をもらっている学者と政治家が存在します。

 

都合のいいデータだけを紹介、副作用について触れさせないように工夫をしています。

 

⑩新型コロナワクチンの開発が異常に早すぎ

 

通常のワクチンの開発は、5年から10年まで。

 

実験、臨床実験などを経て、作られてきます。

 

しかし、新型コロナワクチンの開発は約1年足らず。

 

異常に早い開発により、「人体実験」という反発も無理もありません。

 

ムーンショット計画で考える力がなくなる

 

豊かな暮らしを作るのが目的。

 

しかし、実は表向きで、本当の目的は、洗脳しやすく、管理社会を目指すためです。

 

考える力を減らしていき、管理しやすい社会にする計画となっています。

 

⑫WHO(世界保健機関)は味方ではない

 

WHO(世界保健機関)は、国民や市民の味方ではない。

 

なぜなら、WHO(世界保健機関)は第二次世界大戦を中心に作られた組織でもあったから。

 

⑬政府やマスメディアに洗脳されてはいけない

 

洗脳されないためには、お上意識を捨て、情報を疑うことです。

 

もちろん、新型コロナウイルスだけでなく、世界がどのような状態なのかを考えていくのが大事。

 

常に日ごろからコツコツ、情報を集めながら、鵜呑みにせず、生活することを私は考えています。

 

実際、ブログの記事作成も情報を集めながら、疑いながら、書いています。

 

 

 

まとめ

 

以上のように、「【一人で生き抜く書籍】「医師が教える新型コロナワクチンの正体:内海聡」新型コロナワクチンに違和感を持っている方はおすすめ」について、お話しました。

 

「新型コロナワクチンは打つメリットがない」ということを頭に入れておきましょう。

 

打ってしまったら、未来がない。

 

それでは。