しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月2回投稿いたします。

【言論統制対象】Facebookのメリット・デメリットを知りたい方はおすすめ

f:id:Q45vb4:20200724160928p:plain

Facebook - Google Play のアプリ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.facebook.katana&hl=ja

 

(結末:拡散されやすいので、要注意。)

 

しんちゃん(架空のキャラクター)は、Facebookのことについて、知りたくなりました。

 

Facebookは、SNSの種類だと知っています。

 

しかし、実名登録なので、悩んでいました。

 

そこで、しんちゃんは、あらためて、調べることに。

 

調べた結果、Facebookは情報を拡散されやすいSNSの一つだなとわかりました。

 

さらに、Facebookのメリット・デメリットにも。

 

また、言論統制対象でもあることも調べた。

 

 

この記事を読んで欲しい方

 

 

この記事を読んで得られること

 

  • Facebookを利用したくなります
  • 仕事の幅として使えるようになります
  • なぜ言論統制対象であるか知ることができます

 

Facebookとは?

 

「 ja-jp.facebook.com Facebook - ログインまたは登録」

 

Facebookとは、SNSソーシャル・ネットワーキング・サービス)の一つです。

 

SNSが人々の日常生活の一つとなり、Facebookは大きな役割と果しました。

 

Facebookの大きな特徴として、他のSNSとしてちがって、ニックネームなどの使用が当たり前。

 

Facebookでは、実名の登録が必要。

 

個人のつながりだけでなく、企業も利用しています。

 

 

 

Facebookのメリット

 

「 ja-jp.facebook.com Facebook - ログインまたは登録」

 

では、さっそく、Facebookのメリットについて、お話します。

 

大きく分けて5つ。

 

  1. 無料で利用できます
  2. 実名で登録すれば、メリットが
  3. かんたんに告知や宣伝ができます
  4. コミュニケーションがとれます
  5. 配信が広がりやすい

 

①無料で利用できます

 

Facebookは、個人だけでなく、法人であっても無料で利用できます。

 

月額など一切かからない。

 

②実名で登録すれば、メリットが

 

Facebookは、実名で利用することになっています。

 

ブログなどの誹謗中傷などのコメントが書きにくい。

 

ポジティブな意見があるのもメリットです。

 

③かんたんに告知や宣伝ができます

 

メッセージを投稿するだけで、新しいメッセージが投稿されたことをファンに知ることが可能。

 

このことをウォール投稿といいます。

 

この通知が重要となります。

 

ブログの場合は、投稿してもファンには通知されない。

 

つまり、閲覧者がブログを見に来ない限りその告知や宣伝を知ることができない。

 

メルマガもあります。

 

しかし、ある程度まとった人数がいる場合は配信システムを有料で使う手もあります。

 

また、Facebookはファンの数の約50%に対し、メルマガの開封率は良いものでも15%程度です。

 

さらに、Facebookでは、通知する相手を年齢や性別、地域、学歴などでセグメントできます。

 

④コミュニケーションがとれます

 

Facebookは投稿したメッセージに対してコメントをもらえます。

 

また、コメントをもらうだけでなく、アプリを使うことでアンケートをとり、サンプリングを行ったりすることも。

 

⑤配信が広がりやすい

 

「いいね!」という機能があります。

 

他にも「シェア」などの機能も。

 

かんたんに説明すると、投稿した記事を読んだ方が「いいね!」や「シェア」をクリックします。

 

クリックした友達にもその情報が配信されます。

 

もちろん、知らない友達にも。

 

さらに、その友達が「いいね!」や「シェア」をクリックすることで、いろいろな方々に発信した情報が広がります。

 

またファンにかんたんになってもらえることも。

 

メルマガなどのメールアドレスを入力してもらう必要はない。

 

あなたが投稿した記事を読んで「いいね!」をクリックするだけで、ファンになってもらえることも。

 

 

 

Facebookのデメリット

 

「 クロス・コミュニケーション Facebook広告とは?種類や目的、仕組みまで完全解説! | 株式会社クロス・コミュニケーション コラム」

 

つぎに、Facebookのデメリットについて、お話します。

 

大きく分けて4つ。

 

  1. 批判しやすいことも
  2. 運用に時間を割くことも
  3. ヒミツがバレやすいことも
  4. 乗っ取られることも

 

①批判しやすいことも

 

Facebookは情報が広がりやすい。

 

良いことだけではない。

 

不用意な発言や失礼な態度などによって、

 

批判が集まりやすく悪い評判も広がりやすくなります。

 

②運用に時間を割くことも

 

Facebookはファンとコミュニケーションができるツールです。

 

しかし、コミュニケーションを取る時間を割かなければならない。

 

時間をかけなければならない。

 

③ヒミツがバレやすいことも

 

重大なヒミツを持っている人は、Facebookをやらない方がいい。

 

ウォール投稿によって、一気に広まる危険性があります。(不倫、犯罪など)

 

仮に、自分自身気をつけていても。

 

④乗っ取られることも

 

もちろん、Facebookに限った話ではありません。

 

アカウントが乗っ取られることもあります。

 

不利益になる可能性も。

 

 

 

言論統制対象】Facebook

 

「 iPhone Mania また?5億人を超えるFacebookユーザーの情報がオンライン上に流出 - iPhone Mania」

 

Facebookでも、言論統制対象にもなっています。

 

Facebookでも、政府側にとって不都合な内容を投稿すると、削除されます。

 

たとえば、「支那」「武漢ウイルス」などなど。

 

場合によっては、アカウント停止になることも。

 

Twitterも同様です。

 

ちなみに、2021年7月15日(木)「ワクチンデマ対策シンポジウム」で、Facebookも参加。

 

参加したことによって、言論統制対象に。

 

 

 

まとめ

 

「 SHOP FORCE 日本の若者を中心としたFacebook離れは本当なのか? | SHOP DX | 店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン」

 

以上のように、「【言論統制対象】Facebookのメリット・デメリットを知ろう!」について、お話します。

 

Facebookは、実名登録すれば、交流することができ、仕事につながるチャンスでもあります。

 

得することだらけ。

 

もちろん、広がりやすいので注意して利用していきましょう。

 

それでは。

 

参考文献

gaiax-socialmedialab.jp

 

cloudhikaku.jp

 

appiro.jp

 

hohochie.com

 

ameblo.jp

yoshinori-kobayashi.com