しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月曜日、水曜日、金曜日の午後6時です。

【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第2章編)」政治に違和感を覚えている方はおすすめ

(結末:二ホンの政治はないと思え!)

 

しんちゃん(架空のキャラクター)は、最近の政治にも違和感を覚えています。

 

前回の政府と同様。

 

今後の二ホン、心配しかありません。

 

そこで、しんちゃんは「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第2章編)」を読んだ。

 

読んでみたら、政治の違和感がスッキリしました。

 

今後、違和感政治にもチェックするようにした。

 

 

「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第2章編)」の読んで欲しい方

 

  • 政治に違和感を覚えている方
  • 秋嶋亮さんのファンの方
  • 生き抜く知識を身につきたい方

 

「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第2章編)」の読んで得られること

 

  • 政治に違和感がわかります
  • 秋嶋亮さんのファンになります
  • 生き抜く知識の一つとして得られます

 

「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第2章編)」の概要

 

政府と同様、二ホンは政治というものはない。

 

都合のいい政治しか作っていない。

 

二ホン国民のためにやっていません。

 

外国人優先のための政治しかない。

 

ニホン人は徐々になくなっていく。

 

信じられないかもしれません。

 

なぜなくなっていくのか、解説していきます。

 

「二ホンの政治はある」と思っている人たちに贈ります。

 

そう考えている方は時代遅れだ。

 

 

「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第2章編)」のプロフィール

 

 

「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第2章編)」のプロフィールは、下のリンクへ↓

www.shinchanhitori.com

 

 

 

「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第2章編)」の5個の抜粋ポイント

 

しんちゃんは、「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第2章編)」を読んだ。

 

読んで、抜粋ポイント5個まとめました。

 

  1. 在日米軍が法律を作っています
  2. 経済が失敗すれば、投資家が喜ぶ
  3. クズだらけの社会
  4. 美しい言葉は、中身は空っぽ
  5. 消費税などで人々が苦しめられます

 

在日米軍が法律を作っています

 

国会議員が法律を作っていません。

 

なぜなら、在日米軍といっしょに法律を作っているから。

 

国会議員と政治家は役者として演じ、法律を作っている風にしています。

 

また、重要な内容も取り上げないのも事実。

 

②経済が失敗すれば、投資家が喜ぶ

 

経済が失敗すると、喜ぶ人がいます。

 

それは、投資家達だから。

 

派遣法を改悪したのは、投資家達は最初から分かっていた。

 

すべて企業家や投資家達を優先するためなのです。

 

③クズだらけの社会

 

二ホン社会はクズだらけで支配されています。

 

なぜなら、崩壊や貧困など起きても関係ないから。

 

政治献金と地位だけが欲しい。

 

2点さえ手に入れれば、あとは二ホンはどうなってもいいのです。

 

④美しい言葉は、中身が空っぽ

 

安部総理大臣は世界中の経済人が集うダヴォス会議で「二ホンは高齢者も女性も働く国になった」と誇らしげに語りました。(本書P91の1行目から2行目まで)

 

言葉としては美しい。

 

しかし、中身は空っぽ。

 

なぜなら、言葉をうまく作ったから。

 

内容がトンチンカンだから、ごまかしまくり。

 

政治家だけでなく、有名(YouTuberなど)にも気をつけないといけません。

 

⑤消費税などで人々が苦しめられます

 

人間が生きているだけでも、税金がかかってしまいます。

 

なぜなら、支配層から搾り取ることができるから。

 

安定的にお金を得ることができるから。

 

投資家にとっては、安心して配当されることができます。

 

 

 

まとめ

 

以上のように、「【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第2章編)」政治に違和感を覚えている方はおすすめ」について、お話しました。

 

「二ホンの政治はないと思え!」

 

中身のない政治になっています。

 

投資家などのため、地位などを手に入れたい国会議員のためにやっているだけ。

 

今の状況を立ち向かって、生き抜いていきましょう!

 

それでは。