しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月曜日、水曜日、金曜日の午後6時です。

集団行動が苦手のままでいい。

こんにちは。しんちゃんです。

今回は、「集団行動が苦手のままでいい。」について、お話します。

 

f:id:Q45vb4:20210804153317j:plain 

 

集団行動が苦手な方って、苦手ですよね。結論から言うと、「集団行動が苦手を解決するのが苦手のままいい」。

 

なぜなら、集団行動するよりも一人行動した方がいいから。

 

それを知るためには、まず、苦手な理由・性格・行動を知るところから始めよう。苦手を知っておけば、今後、一人行動にも役に立ちます。

 

 

 

 

集団行動が苦手な理由

 

 

 

まず、集団行動が苦手な理由から。

 

集団行動は、なぜ苦手なのか。理由は様々ですが、大きく分けて4つ。

 

  1. 馴染む自身がない
  2. 気配りしすぎて疲れてしまう
  3. 自分を優先したい
  4. 無駄な時間をすごしたくない

 

この4つを順番に見ていきましょう。

 

①馴染む自身がない

 

集団行動は、みんなと一緒にすごしたり、行動したりしなくてはいけない。また、なかよくしなくてはいけない。

 

しかし、苦手な人は、一緒に行動するのが苦手で、馴染むことができない。大人数の中で浮いてしまい、苦手になってしまうのです。

 

 

②気配りしすぎて疲れてしまう

 

集団行動だけでなく、2人以上でも同じことをいえるかもしれません。一緒に行動していると、相手の顔色を見てしまうことがあります。

 

見すぎてしまうと、精神的にも疲れてしまうことが。嫌な思いをしているのではないかと相手の顔色を見てしまう。一緒に行動するのがもういいとなってしまうことも。

 

③自分を優先したい

 

集団行動が苦手な人は、自分のことをしか考えていない。自分優先となり、集団行動が苦手になってしまいます。

 

だから、集団行動よりも一人行動したほうがのびのびといきいきしやくなります。

 

 

④無駄な時間をすごしたくない

 

集団行動していると、合わせて行動していかなければいけません。大人数になっていくと、もっとあわせなくてはいけない。

 

合わせる時間も必要になり、苦手な人にとっては、無駄な時間だと思ってしまうのです。

 

 

 

集団行動が苦手な性格

 

 

苦手な理由についてお話しました。今度は、集団行動が苦手な性格についてもお話します。大きく分けて4つ。

 

  1. 他人との価値観のちがい
  2. 自分に自信がない
  3. 頑固な性格
  4. 人が大嫌い

 

①他人との価値観のちがい

 

集団行動が苦手な人は、独特の価値観を持っています。価値観がちがっている人と一緒に行動してしまうと、無理をしてしまうことが。苦痛になってしまうことがあります。

 

価値観のちがいで、いじめにあったり、非難されたりなどの影響によって、集団行動がますます嫌いになります。

 

②自分に自身がない

 

集団行動していると、自分の意見や感想などを言わなければならないことも。しかも、大人数の前で。苦手な人にとっては、最大の苦痛で、自信をなくしてしまいます。「だから、みんなの前で言うのが嫌いだよ」と思ってしまうのです。

 

③頑固な性格

 

一人行動が好きな人は、強い信念を持っていることころと、他人の意見を聞かない頑固なところがあります。

 

そのような考えだと、固執してしまい、集団行動が苦手になってしまう。仲間との意見が合わなかったり、浮いてしまったりすることも。

 

 

④人が大嫌い

 

集団行動が苦手な人は、やはり、人が嫌いというのもあります。

 

人が嫌いな人は、自分の世界に浸るのが大好き。他人を自分の世界に入れることが苦手なのです。小さいころに、いじめの原因が。もちろん、理由はひとそれぞれ。

 

 

 

集団行動が苦手な行動

 

 

苦手な性格についてもお話しました。さらに、集団行動が苦手な行動にもお話します。大きく分けて3つ。

 

  1. うまく話せない
  2. 空気が読めない
  3. 少数派になりたくない

 

①うまく話せない

 

集団行動が苦手な人にとっては、人と一緒にいることが苦手でもあります。一人行動が好きな人にとっては、人と一緒に話をしたくない。

 

話すことが苦手な人はそのことを分かっているので、人前に出るのが苦手で、会話をするのも苦手になってしまうのです。

 

②空気が読めない

 

みんなの前で、空気に合わない発言や行動をしてしまうと、浮いてしまうことがあります。一緒に行動した際に、勝手に行動したり、引かれるような発言などをしたりすれば、大変迷惑かけてしまうことも。安全面もことも考えれば。

 

③少数派になりたくない

 

集団行動が苦手な人にとっては、自分の意見を話すことが出来ない人がいます。自分の意見の方が正しいと思っていても、相手の意見を合わせてしまう。空気によって、合わせてしまうことも。

 

よって、ストレスがたまってしまい、苦痛になってしまいます。集団行動をしたくないことも。

 

 

 

集団行動は苦手のままでいい

 

 

ここまで、集団行動の苦手な理由・性格・行動についてお話しました。苦手尽くしで嫌な気分になってしまったかもしれません。

 

しかし、苦手のままでいい。克服しなくていいのです。なぜなら、無理に克服しても、精神的にもつらいままであるから。余計にストレスがたまってしまいます。苦手なままでいい。心配する必要はありません。

 

インターネットの発達により、一人でも仕事が可能。起業することも可能になりました。集団行動が苦手のままでも、生きやすくなった。これからも、いきやすくなっていくでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

以上のように、「集団行動が苦手のままでいい。」について、お話しました。

 

集団行動の苦手部分が分かれば、精神的にも楽になります。無理に克服する必要はない(克服したい方はしてもかまいません)。無理に集団行動せずに、一人行動を楽しんでいきましょう!

 

それでは。

 

参考文献

 

smartlog.jp

www.needy-mh.com

 
 

happination.jp

 

the5seconds.com