しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月2回投稿いたします。

【まとめ記事】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮」を読んでみたい方はおすすめ

(結末:生き抜く力をさらに高めていきましょう!)

 

しんちゃん(架空のキャラクター)は、「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮」を読んだ。

 

生き抜く力を高めていくことを決意。

 

そこで、しんちゃんは、「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮」をまとめることにした。

 

まとめてみると、二ホンは闇の国だと考えるようになってしまった。

 

闇の国で生きていくうえで、どう生き抜こうかと。

 

各章にまとめたので、どう生き抜くか考えていきましょう。

 

ちなみに、前作のまとめシリーズは、下のリンクへ↓

www.shinchanhitori.com

 

 

【まとめ記事】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮」を読んで欲しい方

 

  • 「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ」を読んでみたい方
  • 秋嶋亮のファンの方
  • 生き抜くためにヒント得たい方

 

【まとめ記事】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮」を得られること

 

  • 「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ」を読みたくなります
  • 秋嶋亮のファンになります
  • 秋嶋亮がもっと好きになります
  • 生き抜く書籍の友にもなります

 

【まとめ記事】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮」の概要

 

 

二ホンはますます滅び行く状態になった。

 

政府の違和感は、わざと貧乏させたり、移民を優先したりなど二ホン人のことを考えていない。

 

政治の違和感も、二ホンの法律は米軍が考え、投資家が喜ぶ。

 

消費税で苦しみ、二ホン人のためになっていない。

 

日常でも考えさせない仕組みがあり、日曜の昼間は再放送ばかり。

 

新聞はまさかのコピーペーストって衝撃だ。

 

これから言論の自由がなくなり、同じ人間をコツコツと作っていく。

 

滅び行く二ホンはどうやって生き抜いたらいいか。

 

そのことについて語ってくれます。

 

「二ホンが滅ぶ?冗談でしょ」と言う方たちにおくります。

 

二ホンはこれからも滅びまくり中。

 

 

 

 

【まとめ記事】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮」のプロフィール

 

 

【まとめ記事】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮」のプロフィールは、下のリンクへ↓

www.shinchanhitori.com

 

 

 

【まとめ記事】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮」の各章編

 

しんちゃんは、「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮」の各章編をまとめました。

 

  1. 【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第1章編)」政府に違和感を覚えている方はおすすめ
  2. 【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第2章編)」政治に違和感を覚えている方はおすすめ
  3. 【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第3章編):秋嶋亮」考える力を失いたくない方はおすすめ
  4. 【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第4章編):秋嶋亮」マスコミの仕組みを知りたい方はおすすめ
  5. 【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):秋嶋亮」二ホンの仕組みと生き抜く方法を知りたい方はおすすめ

 

①【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第1章編)」政府に違和感を覚えている方はおすすめ

 

第1章編では、政府に違和感を覚える内容ばかりでした。

 

その内容は、以下の通り。

 

  1. 新聞テレビが外国企業の手先
  2. TPP(環太平洋連携協定)のことについて、誰もわかっていない
  3. 貧困のスパイラルは死ぬまで逃げられない
  4. 外国人(移民)が優遇されてしまう
  5. 外国人(移民)により、子どもがだんだん産まなくなっていく

 

政府は、外国人のためのやっています。

 

二ホン人からしたら、ありえないことばかり。

 

しかし、今の二ホンの現状を見れば、わかります。

 

今後の動向に注目しておきましょう。

 

第1章編を詳しく知りたい方は下のリンクへ↓

www.shinchanhitori.com

 

②【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第2章編)」政治に違和感を覚えている方はおすすめ

 

第2章編では、政治に違和感を覚える内容ばかりでした。

 

その内容は、以下の通り。

 

  1. 在日米軍が法律を作っています
  2. 経済が失敗すれば、投資家が喜ぶ
  3. クズだらけの社会
  4. 美しい言葉は、中身は空っぽ
  5. 消費税などで人々が苦しめられます

 

二ホンのためではなく、投資家達ためにやっています。

 

二ホンが崩壊しても、投資家達にとっては、好都合。

 

それだけでなく、国会議員は地位と献金さえ手に入れば、どうでもいいのです。

 

第2章編を詳しく知りたい方は下のリンクへ↓

www.shinchanhitori.com

 

③【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第3章編):秋嶋亮」考える力を失いたくない方はおすすめ

 

第3章編では、考える力を失う内容ばかりでした。

 

その内容は、以下の通り。

 

  1. 悲観か楽観かで考えてはいけない
  2. 矛盾によって、思考力が破壊
  3. 学者などたちは、現実を理解していません
  4. 日曜の昼間のテレビは、考えなくさせます
  5. 新聞はほぼコピーペースト

 

学校、テレビや新聞などで考えさせない内容ばかり。

 

考える人間になってしまったら、都合が悪くなってしまう。

 

考えさせないように、さまざまな工夫をしていました。

 

考えさせない人間が続々と誕生したのです。

 

第3章編を詳しく知りたい方は下のリンクへ↓

www.shinchanhitori.com

 

 

④【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第4章編):秋嶋亮」マスコミの仕組みを知りたい方はおすすめ

 

第4章編では、マスコミの仕組みの内容でした。

 

その内容は、以下の通り。

 

  1. 二ホンは最低の国
  2. カルロス・ゴーンは最低な人ではない
  3. スキャンダル報道には、意味があります
  4. ニュースの内容は、宴会で決まります
  5. 知的レベルが低いほど信用してしまう
  6. マスコミは報道機関ではない
  7. 新聞やテレビ、ネットがウソだと信じたくない人

 

くだらないマスコミの仕組みは、ちゃんと意味がありました。

 

印象操作はもちろん、スキャンダル報道にも意味が。

 

テレビや新聞などを信じている人たちにとっては、痛い内容です。

 

第4章編を詳しく知りたい方は下のリンクへ↓

www.shinchanhitori.com

 

 

⑤【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):秋嶋亮」二ホンの仕組みと生き抜く方法を知りたい方はおすすめ

 

第5章編では、二ホンの仕組みと生き抜く方法の内容でした。

 

その内容は、以下の通り。

 

  1. 二ホン社会がひどい状態でも
  2. 言論の自由がますます不自由に
  3. 政治への関心を失う方法
  4. 死んだとしても補償はない
  5. 二ホンは同じ人間を作ります
  6. 孤独に耐えながら、知識を高め、見つけていく

 

現在でもつながる内容ばかりで、驚く人たちもいるかと。

 

しかし、驚いているばかりでは始まることはできません。

 

二ホンの現状を知り、どうやって生き抜いていくか考えていかなければならない。

 

時間はかかります。

 

第5章編を詳しく知りたい方は下のリンクへ↓

 

 

 

 

まとめ

 

以上のように、「【まとめ記事】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮」を読んでみたい方はおすすめ」について、お話しました。

 

「生き抜く力をさらに高めていきましょう!」

 

何が起きても不思議ではありません。

 

しっかり知識を高めて、生き抜いていこう!

 

それでは。