しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月2回投稿いたします。

【一人で生き抜く書籍】「コロナ自粛の大罪:鳥集徹」自粛の意味があったのか知りたい方はおすすめ

(結末:自粛は無意味で、逆効果。)

 

しんちゃん(架空のキャラクター)は、自粛は果たして意味があったのかと考えていました。

 

効果があると言ったのに、むしろ、逆効果。

 

悪化してしまいました。

 

現在でも悪化中。

 

疑問に思ったしんちゃんは、本屋さんに行き、ヒントを探した。

 

すると、「コロナ自粛の大罪:鳥集徹」を発見。

 

さっそく、読んでみると、無意味だったと明らかになった。

 

しんちゃんは、さらなる情報を集めることにした。

 

 

「コロナ自粛の大罪:鳥集徹」を読んで欲しい方

 

  • 自粛の意味があったのか知りたい方
  • 自粛の違和感が少しでもある方
  • 鳥集徹さんのファンの方

 

「コロナ自粛の大罪:鳥集徹」を読んで得られること

 

  • 自粛の意味があったのかとわかるようになります
  • 自粛の違和感がスッキリします
  • 鳥集徹さんの著書をもっと読みたくなります

 

「コロナ自粛の大罪:鳥集徹」の概要

 

著者/編集:      鳥集 徹
レーベル:      宝島社新書
出版社:      宝島社
発行形態:      新書
ページ数:      312p

 

鳥集徹さんは、ジャーナリストとして活躍。

 

2004年から医療問題を中心に取り上げています。

 

 

 

「コロナ自粛の大罪:鳥集徹」のプロフィール

「 ZAKZAK 鳥集徹氏|7人の医師に取材した「本来ある… 写真2/2|zakzak:夕刊フジ公式サイト」

 

鳥集徹(とりだまり・とおる)。

 

1966年、兵庫県生まれ。

 

同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒。

 

同大学院文学研究科修士課程修了。

 

会社員・出版社勤務などを経て、2004年から医療問題を中心にジャーナリストとして活動。

 

タミフル寄付金問題やインプラント使い回し疑惑等でスクープを発表してきた。

 

週刊文春』『文藝春秋』等に記事を寄稿している。

 

15年に著者『新薬の罠 子宮頸がん、認知症…10兆円の闇』(文藝春秋)で、第4回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞。

 

他の著者に『がん検診を信じるな~「早期発見・早期治療」のウソ』(宝島社新書)、『医学部』(文春新書)、『東大医学部』(和田秀樹氏と共著、ブックマン社)などがある。

 

 

 

「コロナ自粛の大罪:鳥集徹」の6個の抜粋ポイント

 

 

しんちゃんは、「コロナ自粛の大罪:鳥集徹」を読んで、抜粋ポイントを6個まとめました。

 

  1. マスクと消毒は、免疫力が弱くなります
  2. 専門家を信じてはいけない
  3. 全体を見ていない大人たち
  4. 過剰な自粛が早めてしまう
  5. 自粛は全くの無意味
  6. 冬になって陽性がたくさん増えた

 

①マスクと消毒は、免疫力が弱くなります

 

マスクと消毒は無意味。

 

なぜなら、免疫力が弱くなるから。

 

防ぐ効果はゼロであり、マスクを着用続けると、酸素が減り、二酸化炭素が高くなります。

 

また、消毒は皮膚を守っている皮脂や常在菌まで排除され、手の荒れの原因にも。

 

子どもはマスクや消毒をすると、免疫力がどんどん弱くなります。

 

やはり、マスクと消毒は無意味。

 

②専門家を信じてはいけない

 

テレビなどを出ている専門家は、信じてはいけない。

 

なぜなら、視聴率稼ぎをしているから。

 

学問業績がある医者や専門家は、言っていることが正しいとみな、思ってしまいます。

 

医学知識がないディレクターなどは、使いやすい人を選んでおります。

 

場合には、医者や専門家がその場しのぎでデタラメを言っていることも。

 

③全体を見ていない大人たち

 

専門家や医者などは、全体を見ていません。

 

なぜなら、日本の医者や専門家などの悪いところがあるから。

 

本来なら、広い視野が必要であり、専門外の知識を身につけていく必要があります。

 

しかし、日本は専門外の人は「だまれ!」といわれる雰囲気もあり、「俺たちが正しい!」という感じに。

 

全体を見ずに、ウイルス排除ばかりが目立ってしまう現状です。

 

④過剰な自粛が早めてしまう

 

過剰な自粛によって、老人の寿命が早めてしまう。

 

なぜなら、外に出歩かないから。

 

外に出歩かないことにより、日光に当たらない。

 

また、体内時計がずれて不眠になり、認知機能も低下。

 

自粛によって、免疫力がなくなり、寿命が早めてしまうのです。

 

歩いて免疫力を高めていくのが大事。

 

⑤自粛は全くの無意味

 

自粛、時短営業、ゼロコロナは全くの無意味。

 

なぜなら、様々な被害が出ているから。

 

経済で苦しむ人や自殺者増加にしております。

 

自粛、時短営業、ゼロコロナによって、逆効果に。

 

しかし、知事たちや政府、メディアは、責任を取らない。

 

あえて、無視をしています。

 

責任を問われたくないため。

 

⑥冬になって陽性がたくさん増えた

 

冬になってから、陽性がたくさん増えた。

 

なぜなら、PCR検査によって、たくさん行ったから。

 

冬なので、風邪のウイルスの一種であるコロナが増えていた。

 

増えていたのは、当然のこと。

 

季節的な変動なので、当然のこと。

 

だから、陽性者の数は無意味なのだ。

 

 

 

まとめ

 

以上のように、「【一人で生き抜く書籍】「コロナ自粛の大罪:鳥集徹」自粛の意味があったのか知りたい方はおすすめ」について、お話しました。

 

「自粛は無意味で、逆効果。」

 

経済だけでなく、自分のカラダにも影響があります。

 

免疫力を高めるために、外へ出て、歩いていこう。

 

もちろん、マスクなし。

 

それでは。