しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月曜日、水曜日、金曜日の午後6時です。

「石の上にも三年」に惑わされるな!

 

(結論:三年という言葉にだまされてはいけない!)

 

しんちゃん(架空のキャラクター)は、親から「石の上にも三年」と言われたことがあります。

 

「どんなにつらくても、いやでもがんばらないといけないぞ」と。

 

普通、みなさんはそのまま、言われたとおりに動いていきます。

 

しかし、しんちゃんは「石の上にも三年」という言葉が気になったので、調べることに。

 

すると、「石の上にも三年」という意味がぜんぜんちがっていた。

 

しんちゃんは、「石の上にも三年」という言葉をだまされずに、生き抜く知識として身につこうと決意した。

 

 

この記事を読んで欲しい方

 

  • 「石の上にも三年」という意味を知りたい方
  • 「石の上にも三年」という言葉に悩んでいる方

 

この記事を読んで得られること

 

  • 「石の上にも三年」という言葉を理解できます
  • 「石の上にも三年」という言葉の悩みがスッキリします

 

先輩や両親から言われましたか。

 

 

しんちゃんは、働いている先輩や両親などからこんなことを言われました。「石の上にも三年」という言葉を。

 

  • 「どんなにつらくても頑張らないといけない。」
  • 「最低3年は頑張れ!」

 

という意味も言われたことがあるかと。

 

しかし、使い方の間違いやあてはまらない場合もあります。

 

それらも含めてお話します。

 

 

 

「石の上にも三年」の意味

 

 

しんちゃんは、あらためて、「石の上にも三年」という意味を知ることが調べ始めました。

 

意味は、「つらくても辛抱して続ければ、いつかは成し遂げるという」。

 

努力を続ければ報われるという意味も。

 

もちろん、好きなことや成功させるという意味なら、効果はあります。

 

「石の上にも三年」の「三年」というのは、三年間頑張れば、報われるという考えもいます。

 

しんちゃんは、「ぜんぜんちがうじゃん」と。

 

さらに、「三年」というのは、「長い間」の比喩表現として使われています。

 

三年というのは都合のいい数字だったかもしれない。

 

もちろん、三年間で成功する人もいれば、一二年で成功する人もいます。

 

十年以上の方も。

 

だが、使い方を間違ってしまうと苦しむことになります。

 

しんちゃんは、使い方を気をつけないといけないのを決意した。

 

 

 

「石の上にも三年」はあてはまらない場合

 

 

しんちゃんは、「石の上にも三年」であてはまらないのは、なんだろうと考えていた。

 

考えたのは、昔と現在のちがい。

 

ひと昔だったら、「3年以内に辞めるのは悪いことだ」とか「甘すぎる」とかという考え方でした。

 

しかし、現在では、「石の上にも三年」という言葉があてはまらない場合もあります。

 

まず、「とりあえず3年耐えろ」について。

 

もちろん、3年間ビジネスとして身についていれば、効果はあります。

 

しかし、内容によっては身につけることが出来ない場合も。そうなると時間がもったいない。人生にも失ってしまうことも。

 

3年間という言葉を無視して、早いうちに切り替えた方がいいです。

 

もう一つは、「精神的に追い詰められたときには無視していい」について。

 

これに関しては、会社の体質や仕事の進め方、上司の性格に問題があるので、無視したほうがいいです。

 

上司の性格は直らない場合がほとんどです。

 

そうなってくると、早めに行動したほうが身のためでもあります。

 

これらのことを考えれば、「石の上にも三年」という言葉は通用しない。

 

 

 

まとめ

 

 

以上のように、「「石の上にも三年」に惑わされるな!」について、お話しをしました。

 

「三年という言葉にだまされてはいけない!」ということを覚えておこう!

 

もし、まちがって使っている人がいたら、疑った方がいいかもしれません。

 

そして、調べた方がいいでしょう。

 

言葉でもまちがった使い方や意味が、たくさんあります。

 

鵜呑みにせずに行動していきましょう。

 

もちろん、使う側でも注意しないと。

 

それでは。

 

参考文献

 

usable-idioms.com

 

kotowaza-kanyouku.com

pras.wp-x.jp