しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、書籍、映画、旅行(お出かけ)、ニュース、余暇を投稿いたします。

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【書評&要約】「河野太郎とワクチンの迷走:大村大次郎」

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

 

河野太郎って、なぜワクチン接種をすすめるだろうか。」

 

河野太郎はなぜワクチン接種すれば、安全と言えるのかな。」

 

河野太郎人間性、社会性などを疑ってしまう自分がいます。」

 

上記のように、河野太郎がなぜワクチン接種をすすめたいのかを知りたい人に向けて書いています。しかし、知りたくない人も。

 

「なぜ、知る必要があるの?反ワクチンだよ。陰謀論者だよ、それ。」

 

河野太郎が言っているから、まちがいないよ。」

 

河野太郎がなぜワクチン接種をすすめたいのかを知りたい人と知りたくない人に、方法があります。それは、河野太郎とワクチンの迷走:大村大次郎」を読んで、河野太郎がなぜワクチン接種をすすめる理由がわかるので、知っておくこと。

 

また、本記事を読んで、ワクチンのことを知りたくなります。さらに、河野太郎人間性、社会性なども見ることができます。参考の一冊として、読んでおくのもありです。生き抜くためにも、コツコツ勉強しながら、やっていきましょう。

 

 

 

河野太郎とワクチンの迷走:大村大次郎」を読んで欲しい方

 

  • 大村大次郎さんのファンの方
  • 河野太郎がなぜワクチン接種をすすめたいのかを知りたい方
  • ワクチンの危険性を知りたい方
  • 一人で生き抜くための知識として身につきたい方

 

河野太郎とワクチンの迷走:大村大次郎」を読んで得られること

 

  • 大村大次郎さんの書籍を読みたくなります
  • 河野太郎がなぜワクチン接種をすすめたいのかを知ることができ、危険性を伝えていくことができます
  • ワクチンの危険性を知り、ワクチン接種しないのを強くなっていく
  • 一人で生き抜く知識の一つとして身につくことができます

 

河野太郎とワクチンの迷走:大村大次郎」の概要

 

みなさん、河野太郎は知っていますか。もちろん、ニュースで知っている人いるでしょう。河野太郎は初代ワクチン担当大臣でした。現在でもワクチンについて発言しています。

 

河野太郎はワクチン担当大臣になったとき、積極的にワクチン接種してくださいと強くアピールしていた。メディアだけでなく、SNSも使い、ワクチン接種をしてくださいと強いアピールしまくった。

 

しかし、河野太郎がなぜワクチン接種をすすめたいのか。疑問に思った人がいるでしょう。ただ、ワクチンに疑問を持つと河野太郎らはじめ「反ワクチン」、「陰謀論者」などの言葉に言われ、落ち込んだ人もいるでしょう。

 

でも、そんなことを言われて、落ち込んでいるひまはありません。そんなことを言われてもいい精神をもっていかないといけない。疑問を持っていかないと生き抜くことができない。

 

河野太郎がなぜワクチン接種をすすめたいのかを知らないといけません。それだけでなく、河野太郎の発言や動きなども見ていかなければならない。

 

そこで、知るための一冊として、「河野太郎とワクチンの迷走:大村大次郎」を解説してくれます。

 

「ワクチン接種をすすめたがる理由を知って、どうするの。」、「河野太郎はまちがっていないよ。」などという人におくります。知らなかったら、あなた達、人生終わってしまいますよ。

 

河野太郎とワクチンの迷走:大村大次郎」の15個の抜粋ポイント

 

河野太郎人間性、社会性や倫理性などがない。疑ってしまうほどの発言や対応で怒りや悲しさ、あきれてしまうなどが出てしまう。読めば読むほど感情がでてしまいます。

 

②初代ワクチン担当大臣だった河野太郎は、「自分が言ったこと以外はすべてデマだ」と発言。河野太郎は絶対の自信があったため、こういう発言をしてしまった。

 

河野太郎は自分が正しいことを否定されると反ワクチン、陰謀論者などの言葉を使う。その言葉を使うことによって、国民の価値観を植え付けることができた。

 

河野太郎はワクチン推進する専門家とともに、ワクチン接種してもらいたいと広報活動をした。しかし、日本だけがコロナは終わらない状態になっていた。

 

河野太郎は得意であろうSNSを使って、ワクチン接種をすれば、終わるとアピールをした。しかし、疑問を持つ人がいると回答せずにブロックされてしまう。リプ欄に残すのがいやだという見方をしてしまう。

 

河野太郎は有名人とともにワクチン接種をアピールしまくった。特に、人気Youtuberのはじめしゃっちょーとのコラボによって、若者のワクチン接種を押し付けた。

(ちなみに、はじめしゃっちょーは3回ワクチン接種したにもかかわらず、感染してしまった。)

 

ワクチン接種で直後に亡くなった人がいるにもかかわらず、河野太郎は問答無用でブロック。ワクチンは安全だと言いまくっています。人間性、社会性などさらに疑ってしまう。

 

河野太郎はワクチン接種してもらいたい理由は、日米の利権や医療の利権が関係てしまいます。この2つがあることによって、ワクチン接種してもらいたい理由があるのです。

 

河野太郎は大手メディアを操作し、ワクチン接種をアピール。アピールする理由は、メディアの既得権益があるから。あと、大手メディアの子会社としても関係しています。

 

河野太郎は国語力が足りない。「感染予防」、「発症予防」とかごまかしながら、説明しています。自分でも何もわかっていないのが見られます。

 

河野太郎は、自分のことしか考えていない。情報収集がなく、悪い内容は都合よく隠したり、聞いていなかったりなどをします。自分の地位のためなら、あやまりなどもしない。

 

河野太郎は典型的な世襲政治家であります。世襲政治家によって、日本がどんどん低迷になっていく。もちろん、ワクチン接種、マイナンバーカードなどによって、日本はおかしくなっています。

 

河野太郎だけではない。日本はなぜ世襲政治家が多い理由としては、税によって、非常に優遇されているからです。優遇されていることによって、日本の低迷が止まらなくなっています。

 

政治家の収入にはからくりが存在。そのからくりによって、「税制上の収入」にならないのです。しかも、税務調査もしないという。

 

本書を読んで学んだことは、河野太郎を信じてはいけないこと。あと、従ってはいけないこと。河野太郎人間性、社会性などがないということを学べます。

 

 

河野太郎とワクチンの迷走:大村大次郎」を読んで行動した3つのポイント

 

  1. 河野太郎の発言を鵜呑みにせず、発言した意図を考えるようになっていた
  2. 河野太郎人間性、社会性などのなさを伝えていくようになりました
  3. 何が何でもワクチン接種してはいけないと、さらに強くなりました

 

【まとめ】「河野太郎とワクチンの迷走:大村大次郎」を読んで知っておかなければならないこと

 

以上のように、「【書評&要約】「河野太郎とワクチンの迷走:大村大次郎」」について、お話しました。

 

まとめると以下の通り。

 

  1. 河野太郎人間性、社会性などがない。
  2. 河野太郎は自分が言ったこと以外すべてデマだと決めつけています。
  3. 河野太郎は否定されると、「反ワクチン」、「陰謀論者」などを使ってごまかす。
  4. 河野太郎はワクチン推進する専門家とともに、広報活動した結果、日本だけが終わらない状態に。
  5. 河野太郎SNSでもワクチン接種推進アピール。ただし、疑問を持つ人がいると問答無用ブロック。さらに、亡くなった方にもブロック。
  6. 河野太郎は有名人とともにワクチン接種推進アピールした。
  7. 河野太郎は大手メディアを操作し、ワクチン接種推進アピールしまくった。
  8. 河野太郎は国語力が足りない。自分が何を言っているのかを理解していないようだ。
  9. 河野太郎は目標のためなら、あやまりなどをしない。
  10. 河野太郎は典型的な世襲政治家であります。
  11. 世襲政治家がいることによって、日本の低迷が止まらない状態に。

 

河野太郎が言っていることより、自分自身、新型コロナワクチンについて調べていかなければならない。調べる方法の一つとして、本を読むことをおすすめします。

 

河野太郎より本当の医師ならワクチンの恐ろしさを知っています。前作評判書籍が再び。こちらの記事で詳しく解説しています。→【書評&要約】「医師が教える新型コロナワクチンの正体2:内海聡」

 

河野太郎とワクチンの迷走:大村大次郎」の書籍情報

 

<題名>「河野太郎とワクチンの迷走:大村大次郎

<著者>大村大次郎(おおむら・おおじろう)

<発行所>株式会社かや書房

<キーワード>新型コロナワクチン、河野太郎、デマ、陰謀論

<目次>

  • はじめに
  • 序章:~ワクチン接種率世界一なのにコロナ死亡率も世界一~
  • 第1章:「絶大なワクチンの効果」はすべてウソだった
  • 第2章:最初からわかっていたワクチンの危険性
  • 第3章:「ワクチン=正義」で国民を洗脳する
  • 第4章:捏造だらけのワクチンデータ
  • 第5章:”謎の突然死20万人”の衝撃
  • 第6章:ワクチン被害者を冒涜しつづける
  • おわりに