しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月曜日、水曜日、金曜日の午後6時です。

「【一人で生きる書籍】「働き方1.9:ヒロシ」 一人で生きたい方はおすすめ」

こんにちは。しんちゃんです。

今回は、「【一人で生きる書籍】「働き方1.9:ヒロシ」 一人で生きたい方はおすすめ」についてお話しします。

 

 

集団行動したほうが得に決まっている方、いますよね。しかし、一人で最強になった方がお得なんです。

 

一人で生きるためにも、ヒロシさんの著書「働き方1.9」とブログ記事を読んでいきましょう。

 

 

 

この記事を読んで欲しい方

 

  • 一人で頑張りたい方
  • 一人で楽しみたい方
  • 集団行動で疲れた方

 

「働き方1.9」を読んで得られること

 

  • 一人で生きる自信をもちます
  • 一人で楽しむこと
  • 一人で頑張れること
  • ヒロシのファンになれること

 

「働き方1.9」ヒロシのプロフィール

 

ヒロシ。芸人兼ソロキャンプYouTuber。1972年、熊本県に生まれる。本名、齊藤健一。九州産業大学商学部商学科卒。ピン芸人として「ヒロシです。」のフレーズではじまる自虐ネタで大ブレーク。俳優としても映画『転校生、さようならあなた』『22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語』(共に大林宣彦監督)に出演。現在はカフェ「FOREST COFFEE(旧ヒロシのお店)」を経営しながら、お笑いライブなどの活動続けている。また、2015年3月よりYoutuberとして「ヒロシちゃんねる」を配信。自ら撮影、編集したソロキャンプ動画をアップして人気を集める。2018年9月にチャンネル登録者数が20万人を突破。著者に、シリーズ50万部を突破した『ヒロシです。』『ヒロシです。2』(共に扶桑社)、『ヒロシです。華も嵐ものり越えて』(東邦出版)や『ネガティブに生きる。ヒロシの自虐的幸福論』(大和書房)など。さらに、ヒロシの日めくり『まいにち、ネガティブ。』(自由国民社)、『今日のネガティブ。』(SBクリエイティブ)などがある。

 

人に合わせる必要はなし

 

皆でやるとなるとむずかしくなる。ひとりだと、ふと行きたいと思えば、日が沈む寸前に間に合えば、テントを張って夜を明かすことも可能だ。しかし、皆で行くとなると、前々から日程を決めてキャンプ場を予約し、朝から集合しなければならない。その日の気分で行くかどうかを決めるようなことはできなくなる。(P185の4行目から7行目まで)

 

集団行動だと気分とか関係なしに行かなければならない。いやな相手でも行かざるおえない。

 

集団行動が苦手な人にとっては、苦痛しかありません。楽しむことができません。作り笑顔でごまかすしかないくらい。

 

一人だとみんなと合わせる必要がありません。思いついたら、行きたい日に行けばいいし、行きたくないなら行く必要がない。

 

決められる権利は自分にあるのです。自分で決められるから、一人行動は楽しいしかない。

 

一人で黙々と楽しんだ方がいいのだ。

 

誰とも相談せずにやっていこう

 

自分が好きなことをして生きていきたい。そう思う人は多いと思う。でも、実は最も障壁となるのが、身近な人だ。新しいことに挑戦する時。たいていの親も家族、先生は、無難な方向に進むよう反対するだろう。会社の同僚に相談したところで、危険性を忠告するばかりだ。タチが悪いのは、本人たちは本気で親身になっていることだ。だから相談したほうも、その意見を無下にできない。周囲の人たちの目を気にした結果、多くの才能の芽が開かないまま終わってしまうのだ。これがスペシャリストを潰す原因だと思っている。(P191の6行目からP192の1行目まで)

 

身近な人は新しいことをやっていないため、何も勉強せずに怖い、わからないなどといいます。

 

親身になって、止めてしまいます。非常に厄介。無難に過ごした方が幸せだという人もいます。

 

しかし、いつまでもわからないままでは進むことができない。チャンスを逃がしてしまいます。やっていない人に相談しても止めに入るので時間の無駄。

 

無駄になってしまうので、自分から積極的に行動していくのが大事だ。

 

身近な人から何を言われても、自分を信じて行動していくのが大事だ。やらないよりマシです。試行錯誤しまくってやっていこう。

 

ネットツールも無理をしない

 

ネット社会の今は、誰とも会わなくてもネットのツールを通して誰かと対話できる。しかし、ネットツールの中でも、Twitterを使いこなせずに疲れてしまう人がいるという。気軽に人と絡めるTwitterは、人との距離が近すぎるからだ。知らない人から直接コメントが飛んでくるし、さらに、こちらのコメントをリツイートしながら誹謗中傷されたりするのだ。悪辣なコメントに悩まされる「クソリプ問題」は、メンタルが強くない僕にもキツい。99人が賛成している中で1人が反対していたら、それが気になってしまう。(P194の1行目から7行目まで)

 

ネットツールを使っていると一人ではなくなります。一緒にいる感覚になってしまいます。一緒にいる感覚が厄介なことになる場合も。

 

いろんなリプを返さなけらばならない。否定するリプや引用リツイートなどもあります。

 

無視すればいい話。しかし、メンタルが弱い人にとっては無視できないのも事実です。メンタルが弱い人はやらないほうがおすすめ。

 

何でもかんでもいろんなひとと絡んでいては、精神的にも苦痛になってしまいます。苦痛にならないためにも無理をせずにネットツールと付き合っていくのが大事だ。

 

一人で即決断しよう

 

大きな組織でも社内の地位に甘んじていたら、いつまで経っても本当の決定権を得られない。すると、社員の情熱も冷めてしまう。(P206の6行目から7行目まで)

 

大きな組織だけでなく、集団行動なども同じことが言えます。あまり時間をかけすぎるとモチベーションがなくなってしまいます。

 

また、チャンスがなくなってしまいます。自信もなくしてしまうことも。

 

そのためにも、一人で行動して、さっさと決断していこう。やる内容は何でもいい。ブログ、Twitter、ゲームなど何でもいい。やらないと始まらない。始めていきましょう。

 

まとめ

 

以上のように、「【一人で生きる書籍】「働き方1.9:ヒロシ」 一人で生きたい方はおすすめ」についてお話しました。

 

一人で生きたいのなら、人と合わせず、誰とも相談せず、即決断していきましょう。コツコツやっていけば、一人で最強になれます。最強になっていこう。

 

それでは。