しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、一人行動の生き方・過ごし方・楽しみ方、書籍(漫画も含む)、勉強法、動画(youtubeなど)を中心に投稿いたします。

一人一軒家のメリット・デメリットを知ろう!(更新日:2020年5月19日)

こんにちは。

 

しんちゃんです。

 

今回は、

 

「一人一軒家のメリット・デメリットを知ろう!(更新日:2020年5月19日)」について、

 

お話します。

 

f:id:Q45vb4:20200515014619j:plain

くろてんさんによる写真ACからの写真)

 

一人で一軒家を住みたい方っていますよね。

 

そのためには、

 

「一人一軒家のメリット・デメリットを知ろう!」。

 

なぜなら、

 

それを知れば、

 

一人一軒家の活用の仕方ができるから。

 

そのためにも、

 

メリット・デメリットを知っていこう!

 

 

 

この記事を読んで欲しい方

 

 

  • 一人一軒家を借りるか買うか迷っている方
  • 一人一軒家の使い方を知りたい方
  • 一人一軒家のメリット・デメリットを知りたい方

 

 

 

一人一軒家のメリット

 

まず、

 

一人一軒家のメリットについて、

 

お話しします。

 

大きく分けて5つ。

 

 

  1. 広さがあります
  2. ルールがほぼない
  3. 騒音は問題なし
  4. 庭があります
  5. 集合住宅ほど神経質になる必要がない

 

 

①広さがあります

 

メリットの一つとして、

 

広さがあります。

 

平屋のように一階建ての物件でも、

 

ワンルームのような間取りはほぼない。

 

荷物が多いだけでなく、

 

部屋数は充実しているので、

 

自宅で仕事には最適。

 

②ルールがほぼない

 

内容にもよりますが、

 

一軒家では集合住宅では難しいことも可能に。

 

例えば、

 

時間帯に気をつかなければいけませんが、

 

日中であれば楽器の演奏ができたり、

 

大型のペットを飼えたりもできます。

 

 

③騒音は問題なし

 

アパートやマンションのような集合住宅と違って、

 

壁を隔てた隣に人が住んでいるということがないので、

 

騒音や振動を気にする必要ない。

 

アパートやマンションだと深夜に洗濯機を回す、

 

掃除機をかけるといった行動は迷惑になりますが、

 

一戸建てならば気にする必要がありません。

 

④庭があります

 

庭つきの家に住みたい方にとってはあこがれ。

 

一軒家だと庭がついていることが多い。

 

周りの家への配慮は必要ですが、

 

ある程度広さがあれば、

 

ペットを遊ばせることも可能。

 

⑤集合住宅ほど神経質になる必要がない

 

集合住宅は多くの人々が住んでいるだけに、

 

部屋での生活の仕方や共用スペースの使い方に気をつける必要も。

 

夜遅く帰ってくる場合、

 

ちょっとした生活音にも気を遣わなければならない。

 

なので、

 

一戸建てであればそこまで気を遣う必要もなく、

 

のびのび生活することが可能。

 

 

一人一軒家のデメリット

 

では、

 

次に、

 

一人一軒家のデメリットについて、

 

お話します。

 

大きく分けて6つ。

 

  1. 家賃や生活費が高くなることも
  2. 掃除をする範囲とメンテナンスが大変
  3. 防犯対策が欠かせない
  4. 定期借家がある場合も
  5. 駅から遠いことも
  6. 近所付き合いをしなければならない場合も

 

 

①家賃や生活費が高くなることも

 

一軒家では広いということもあって、

 

家賃が高い。

 

また、

 

部屋数が多いと電気のアンペア数を高くする必要があるので、

 

生活費にも関わる場面に影響があります。

 

 

②掃除をする範囲とメンテナンスが大変

 

一軒家では広い、

 

部屋数が多いと掃除が大変に。

 

また、

 

庭があれば草むしりなども必要。

 

疲れてしまうことも。

 

それだけでなく、

 

屋根や下水などの目が行き届かないところでトラブルが発生することも。

 

それらに対応する時間や費用がかかる可能性も考えなくてはならない。

 

 

③防犯対策が欠かせない

 

マンンションと違って、

 

オートロックがあるわけでもなく、

 

共通の玄関があるわけでもない。

 

防犯カメラもないことも。

 

そのためにも、

 

住む以上は、

 

防犯対策を自分自身でする必要があります。

 

④定期借家がある場合も

 

意外と知らない定期借家契約があります。

 

定期借家契約とは、

 

契約期間に定めがある賃貸借契約のこと。

 

つまり、

 

どんなに気に入った物件であったとしても、

 

住む期間が限られるので、

 

次の家を探さなければならない。

 

多くの契約は2年間。

 

なので、

 

あまり引越しを繰り返したくないという人には不向き。

 

おススメしない。

 

⑤駅から遠いことも

 

一般的に、

 

一軒家では駅周辺から少し離れたエリアに多くあります。

 

なので、

 

電車を使って通勤や通学をしている場合、

 

不便になる可能性も。

 

車通勤の人であれば、

 

大きな問題ではないかもしれない。

 

⑥近所付き合いをしなければならない場合も

 

町内会などで係の割り当てがある場合があるので、

 

町内会の一員として動く必要も。

 

もし、

 

ゴミ捨て場の管理などを近所で協力して行えば、

 

「自分だけ先にゴミを」というわけにはいかないことも。

 

 

一人一軒家に向いている人

 

メリット・デメリットをわかったところで、

 

一人一軒家に向いている人について、

 

お話します。

 

大きく分けて5つ。

 

  1. 仕事場を自宅にしたい人
  2. 趣味のコレクションをもっと集めたい人
  3. 駐車場がほしい人
  4. ペットと一緒に暮らしたい方
  5. DIYをしたい人

 

 

①仕事場を自宅にしたい人

 

部屋数が多いので自宅を職場にしたい人にとっては、

 

事務所として使いたい人にも便利。

 

②趣味のコレクションをもっと集めたい人

 

部屋数が充実しているので、

 

1部屋を趣味のコレクション部屋として使うことも可能。

 

本を集めたいなら、

 

本だけの部屋にすることもできます。

 

使い方は人それぞれ。

 

③駐車場がほしい人

 

バイクを自宅に置きたい人は、

 

バイク可の物件を探すのがとても大変。

 

庭つきの一軒家であれば駐車場付きの物件が多いので心配はいらない。

 

④ペットと一緒に暮らしたい方

 

ペット可のマンションの場合、

 

飼っていない入居者の方もいるため、

 

騒音などの苦情を受けやすいことも。

 

一軒家であれば、

 

その心配する必要もない。

 

また庭がある場合は、

 

遊ばせることも。

 

DIYをしたい人

 

DIYが好きで作りたいという場合は、

 

一軒家がおすすめ。

 

アパートやマンションだと作業するスペースがないが、

 

一軒家なら部屋の一つを作業場に、

 

庭で作業、

 

ということも可能。

 

 

まとめ

 

以上のように、

 

「一人一軒家のメリット・デメリットを知ろう!(更新日:2020年5月19日)」について、

 

お話しました。

 

メリット・デメリットをした上で、

 

一軒家の活用の仕方によっては変わってきます。

 

また、

 

使い倒してみるのもいいでしょう。

 

それでは。

 

 

関連記事

 

www.shinchanhitori.com

 

www.shinchanhitori.com

www.shinchanhitori.com

 
 

www.shinchanhitori.com

 

www.shinchanhitori.com

 

参考文献

 

offer.able.co.jp

www.homes.co.jp