しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月曜日、水曜日、金曜日の午後6時です。

【(イケハヤ大学)を見て】安定している会社はヤバイ!(更新日:2020年5月15日)

こんにちは。

 

しんちゃんです。

 

今回は、

 

「【(イケハヤ大学)を見て】安定している会社はヤバイ!(更新日:2020年5月15日)について、

 

お話します。

 

f:id:Q45vb4:20200510164943j:plain

 

photoBさんによる写真ACからの写真)

 

最初に結論から言います。

 

「安定している会社はヤバイ!」

 

なぜなら、

 

成長することなく、

 

リストラになってしまうから

 

www.youtube.com

 

 

 

この記事を読んで欲しい方

 

  • 安定している会社に勤めている方
  • 新卒者の方
  • 就活している方
  • イケハヤ大学のファンの方

 

 

 

 

安定している会社とは?

 

みなさんは、

 

安定している会社とはどんな会社なのか。

 

「定時に帰れて、

 

雇用がしっかりしていて、

 

そこそこの給与がもらえるような大きな会社」というみたいな考え方をしていると思います。

 

誰でも定年まで働けるという考え方をもっていると思います。

 

安定している会社に就職すれば、

 

一生安泰という考え方ももつのでしょう。

 

 

安定している会社の実態とは?

 

では、

 

安定している会社とは一体、

 

どんな会社なのか。

 

いくつかあげますと、

 

  • インフラ企業(電気ガスなど)
  • 業界トップシェアメーカー
  • 業務用カレンダー最大手企業
  • 権利の管理
  • 公務員

 

などがあげられます。

 

安定している会社の企業活動は、

 

いったい何なのか?

 

それは、

 

利権を維持するための組織活動をすること

 

攻めの営業をするよりも、

 

守りの営業で利益を得ること。

 

新しいチャレンジをせずに、

 

変なことをして欲しくないという考え方。

 

新しいことを嫌う上司などが多いので、

 

やりにくいのもあります。

 

やりにくいから、

 

経験値を貯まることができない。

 

成長することもできない。

 

また、

 

こんな言葉があります。

 

イノベーションのジレンマ

 

イノベーションのジレンマは、

 

一度ポジションを取ってしまうと、

 

画期的な商品を作ることができなくなること。

 

人気商品を作ってしまうと、

 

次の人気商品も作れないという感じです。

 

どの業界もあてはまります。

 

安定している会社、

 

新しいことをせず、

 

古い内容を守りながら、

 

営業していくこと。

 

(もちろん、すべてではありません)

 

 

安定している会社にいる意味がない

 

しかし、

 

安定している会社も危なくなってきています。

 

あの有名なトヨタ自動車の社長・豊田章男

 

「終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と言っていました。

 

あのトヨタの社長ですら、

 

終身雇用は難しいと言っていました。

 

終身雇用は、

 

高度経済成長期の時に作られた制度

 

この時代は、

 

高品質なものをばかり売れる、

 

真面目に決まった仕事をこなせば、

 

守ることができた制度でもありました。

 

しかし、

 

ビジネスモデルが変わり、

 

新しい価値をどんどん生み出さなければいけない時代へとなっていきました。

 

そもそも、

 

伸び続けないと維持できない仕組みでもあります。

 

毎年、

 

新入社員が入ってくるので、

 

給与という固定費が膨らみます。

 

売り上げが落ちると、

 

崩壊してしまいます。

 

現在では、

 

自由な発想を求める社員を採用されるところが多くなりました。

 

その代わりに、

 

自由な発想がない(全員ではないが)社員がリストラになってしまいます。

 

また、

 

45歳あたりで早期退職・希望退職者募集増えております。

 

リストラされると、

 

迷うこと間違いない。

 

(例えば、コカ・コーラ、キリン、日本ハムなど)

 

これが、

 

終身雇用の崩壊へとなっていきます。

 

そもそも安定している会社などはどんどんなくなっていきます。

 

例えば、

 

新聞は完全にオワコン化になっており、

 

インターネットへと流れております。

 

また、

 

テレビ局もネットの流れに乗れなかったというのもあります。

 

今後、

 

テレビが終わっても不思議ではない。

 

新しい価値を生み出すためにも、

 

ある程度の犠牲(いい方もありますが)は必要だと感じております。

 

 

まとめ

 

以上のように、

 

「【(イケハヤ大学)を見て】安定している会社はヤバイ!(更新日:2020年5月15日)」について、

 

お話しました。

 

安定している会社は、

 

あくまでも個人的な考え方ですが、

 

死語だと思っております。

 

会社は、

 

変化しながら、

 

生き残らなければいけないもの。

 

もちろん、

 

一人でも変化し続けいかないといけない。

 

就職しているみなさん、

 

就活しているみなさん、

 

参考にしていただければ、

 

幸いです。

 

それでは。

 

 

関連記事

 

www.shinchanhitori.com

 

www.shinchanhitori.com

www.shinchanhitori.com

 
 

www.shinchanhitori.com

 

www.shinchanhitori.com

 

参考文献

 

diamond.jp

www.listing-partners.com

 
 

manablog.org

 

 

参考Youtube

 

www.youtube.com