しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、一人行動の生き方・過ごし方・楽しみ方、書籍(漫画も含む)、勉強法、動画(youtubeなど)を中心に投稿いたします。

引きこもりながら、ゲームを楽しもう!

こんにちは。

 

しんちゃんです。

 

今回は、

 

「引きこもりながら、ゲームを楽しもう!」について、

 

お話します。

 

引きこもったのはいいけど、

 

何をしたらいいのかわからないですよね。

 

「引きこもぎりながら、

 

ゲームを楽しもう!」

 

なぜなら、

 

ストレス解消にもつながるから。

 

そのためにも、

 

まず、

 

メリット・デメリットを知っておきましょう。

 

また、一人でも楽しみましょう!

 

 

この記事を読んで欲しい方

 

  • 引きこもったけど、何をしたらいいのかわからない人
  • ゲームが好きな方
  • 引きこもりが好きな方
  • 部屋にいるのが好きな方

 

 

こんなときこそゲームを楽しもう!

 

2020年4月現在、

 

引きこもりしなければならない事態になってしまいました。

 

引きこもりしなければならないのはわかっていますが、

 

何をしたらいいのかわからない状態。

 

もちろん、

 

勉強や読書、

 

インターネット、

 

Youtubeなどをすごすのもいい。

 

この記事では、

 

ゲームをオススメします!

 

こんなときこそ、

 

ゲームを楽しむのもいい。

 

やりたかったゲームを思う存分やることができます。

 

子どもがやるもんでしょうと思っている大人こそ、

 

やってみる価値はあり。

 

 

 

 

 

ゲームのメリット

 

ゲームを楽しむためには、

 

メリット・デメリットを知っておかなければならない。

 

まずは、

 

メリットについて、

 

お話します。

 

大きく分けて5つ。

 

  1. 仮想世界を体験できます
  2. 場所・時間による制限がほぼない
  3. 遠く離れた場所にいる人と遊べます
  4. 金銭的にも良い
  5. 運動能力にはあまり関係ない

 

①仮想世界を体験できます

 

ゲームの醍醐味でもあります。

 

RPGを代表として、

 

仮想の世界を主体的にプレイヤーが操作することで遊べる(体験できる)という最も優れた点と言えます。

 

またRPGに限らず、

 

仮想の空間で仮想の道具を使って遊ぶことができるという特徴も。

 

②場所・時間による制限がほぼない

 

ゲーム機があれば、

 

どこでも遊ぶことが可能。

 

わざわざ外出する必要はないし、

 

専用の場所(スポーツなら運動場、アウトドアならレジャー施設など)も必要ない。

 

いつでも遊ぶことが可能。

 

朝、昼、夜や夜中でも遊んでいい。好きな時間に遊ぶことも可能。

 

③遠く離れた場所にいる人と遊べます

 

最近、

 

オンラインのマルチプレイのできるソフトが多く発売しています。

 

場所に制限されないこともあり、

 

インターネットに接続すれば、

 

日本だけでなく世界中の人と遊ぶことも。

 

ゲームの優れた点でもあります。

 

家でくつろぎながらやることができるし、

 

県外の方と一緒にオンラインで楽しむことも。

 

 

④金銭的にも良い

 

ソフトにもよりますが、

 

1本7000円で1~3か月場合によっては1年以上も遊べるというのは、

 

コスパ面としては優秀。

 

ただし、

 

大人の趣味としては安いかもしれないが、

 

子どもの趣味としては安くありません。

 

 

⑤運動能力にはあまり関係ない

 

ジャンルにもよりますが、

 

運動神経、

 

体力に左右されることはあまりない。

 

アクションゲームであれば反射神経、

 

動体視力などが関わってきますが、

 

その他のソフトは運動神経が仮に悪くても十分楽しめます。

 

 

 

ゲームのデメリット

 

つづいて、

 

デメリットについて、

 

お話します。

 

大きく分けて2つ。

 

  1. 視力低下
  2. 運動能力・体力がつかなくなります

 

①視力低下

 

携帯型のゲームはコンパクトで持ちやすく便利だが、

 

画面が小さく、

 

目と画面の距離が近くなりがち。

 

画面に表示される文字サイズも小さく、

 

長時間集中で目に疲れがたまってしまいます。

 

目の疲れは目のピントを合わせるための筋肉などに影響があり、

 

視力の低下へとつながります。

 

 

②運動能力・体力がつかなくなります

 

ゲームは手指を動かすだけの運動なので、

 

全身を使う機会はほとんどない。

 

部屋で座ったまま同じ姿勢でずっとゲームを続ければ、

 

体力を向上させたりすることがないので、

 

運動量自体が減ってしまう。

 

運動不足は運動能力や体力の低下だけでなく、

 

肥満、

 

生活習慣病のリスクも高くなるため注意が必要。

 

しかし、

 

最近、

 

体を動かすソフト・ハードがありますので、

 

運動不足の解消にもつながります。

 

やってみる価値あり。

 

 

ゲーム依存症もあるのだが・・・

 

デメリットの1つでもあるゲーム依存症ですが、

 

大人の都合で作った言葉。

 

誤解されているところもあります。

 

詳しい内容は下のリンクに貼っておきますので、

 

ご覧ください。

 

www.shinchanhitori.com

www.shinchanhitori.com

 

 

まとめ

 

以上のように、

 

「引きこもりながら、ゲームを楽しもう!」について、

 

お話しました。

 

引きこもりは大変。

 

大変ですが、

 

ゲームとうまく付き合いながら楽しんでいきましょう!

 

楽しむことが一番!

 

ゲームを楽しみましょう!

 

それでは。

 

 

関連記事

 

www.shinchanhitori.com

 

www.shinchanhitori.com

www.shinchanhitori.com

 
 

www.shinchanhitori.com

 

www.shinchanhitori.com

 

参考文献

 

cocoiro.me

shumi-ame.com