しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、一人行動の生き方・過ごし方・楽しみ方、書籍(漫画も含む)、勉強法、動画(youtubeなど)を中心に投稿いたします。

キャッシュレスで新型コロナウイルスを少しでも防ぐ方法

こんにちは。

 

しんちゃんです。

 

今回は、「キャッシュレスで新型コロナウイルスを少しでも防ぐ方法」について、お話します。

 

最初に結論から。

 

「キャッシュレスを使えば、新型コロナウイルスを少しでも防ぐ方法があります。」

 

なぜなら、接触を最低限に防ぐことができるから。

<この記事を読んで欲しい方>

  • お買い物を行かなければいけない方
  • 少しでも接触を防ぎたい方

<目次>

  • 現金払いが怖くなる可能性あり
  • 現金払いで感染する可能性あり
  • 現金払いではなくキャッシュレスしよう
  • まとめ

 

ただし、あくまでも個人的な防ぎ方です。もちろん、調べたうえで書いております。それでも、間違っている可能性も否定できません。

 

参考にしていただけると幸いです。

 

 

<現金払いが怖くなる可能性あり>

 

今現在でも、新型コロナウイルスが感染しています。私生活にも大きく影響していくのもまちがいない。

 

外出を控えなければいけないのも事実。

 

しかし、食事をするためのお買い物をしなくてはいけない。これに関しては、仕方がない部分もあります。

 

最新の注意を払いながら、お買い物をしなければなりません。商品を手にするだけでなく、現金も気をつけなければならない。

 

そこには、ウイルスに感染する可能性があります。そう考えると怖くなってしまいます。

 

 

<現金払いで感染する可能性あり>

 

なぜ、現金払いが感染する可能性があるのか。

 

実は、紙幣や硬貨にも受け渡しの際に接触する可能性が。もちろん、ウイルスは目に見えません。

 

紙幣や硬貨を触った後、目、鼻や口などに触ることもあります。もちろん、感染する可能性が。

 

実は、田端大学塾長の田端信太郎さんもツイートで指摘しています。 

 

現金ってコロナウイルスの感染源になりえないのかしら?

感染防止にこそキャッシュレス。
現金はバッチい。

田端信太郎@田端大学 塾長)

(2020年2月23日午前10時にツイート)

というツイート。

 

感染防止の一つとして、キャッシュレスを提案していました。

 

 

<現金払いではなくキャッシュレスしよう>

 

確かに、キャッシュレスすれば、接触感染する恐れがなくなります。もちろん、完全ではないが。

 

キャッシュレスにはいろんなものがあります。

上の中から、自分自身が使いやすいものから手にしてみるといいと思います。

 

ちなみに、私は、paypay、楽天pay、クレジットカード(楽天、yahooの2枚持ち)、pasmoを利用しています。

 

楽天市場楽天payをよく利用しているので、楽天カードを。paypay使用で、yahooカードを使用を。

 

また、最近、Visaカードを使って、タッチ決済ができるようになりました。ただし、カードにタッチ決済ができるマークがないと利用できない。

 

さらに、利用できるところは少ないのも事実です。

 

この機会だからこそ、キャッシュレスを使ってみるのもいいと思います。

 

キャッシュレスを使う際には、注意が必要。

 

例えば、スマホ決済する際には、スマホは必要。しかし、スマホには、新型コロナウイルスが感染している可能性が。

 

スマホを使用する際には、スマホに消毒しておきましょう。

 

もちろん、カードを使った際にも、ウイルスに感染する可能性が。手洗いも忘れずにしましょう。

 

 

<まとめ>

 

以上のように、「キャッシュレスで新型コロナウイルスを少しでも防ぐ方法」について、お話しました。

 

現金払いでも新型コロナウイルスが感染する可能性がありますので、キャッシュレスできるだけ使った方がおトクもあり、少しでも防ぐことも。

 

やってみる価値はあり。

 

あらためて、あくまでも個人的な防ぎ方なので、調べたうえで書いております。それでも、間違っている可能性も否定できない。

 

参考にしていただけると幸いです。

 

それでは。

 

<関連記事>

 

<参考文献>