しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、一人行動の生き方・過ごし方・楽しみ方、書籍(漫画も含む)、勉強法、動画(youtubeなど)を中心に投稿いたします。

【堀江貴文(ハッタリの流儀)】親の考えを真に受けるな!

こんにちは。

 

しんちゃんです。

 

今回は、「【堀江貴文(ハッタリの流儀)】親の考えを真に受けるな!」について、お話します。

 

 みなさん、親の考えていることを真に受けていませんか。

 

はっきり、いいます!「親の考えを真に受けるな!」です!

 

なぜなら、現代では通用しないからです!もちろん、これからの時代も!

 

・親の考えを押しつけるのか。

 

なぜ、親の考えを押しつけるのか。

 

例えば、将来の夢で、宇宙飛行士、社長、お金持ちなどなど、なりたかったことがいっぱいあるはずです。

 

しかし、親は子供の考え方を否定します。

 

では、なぜ、子どもの考え方を否定してしまうのか。

 

・親の考え方を正しいと思っている。

 

実は、子どもの考え方を否定するのは、親の考えが正しいと思っています。

 

否定されてしまうと、反論ができず、恐れてしまい、従うことになってしまいます。

 

親は子供のために、口を出してしまいます。気持ちは決して、ウソではありません。

 

安心して、将来のことを考えて欲しいのもあります。

 

安定して欲しいという願いも込められております。

 

さらに、スマホやインターネットが登場し、怖いものだと考えているのかもしれません。その影響もあります。

 

・今の現代では、親の考え方は通用しない!

 

しかし、親の考え方は、今の現代では通用しません。

 

価値観が古いです。育った時代や環境も違うのは当然です。

 

知識や経験というのは、子世代から見れば、30年ぐらい遅れています。

 

親の考えは、正しいとは限りません。

 

実は、間違っていることが多いのです。通用できなくなっています。

 

親の考え方を鵜呑みにしていけません。損な生き方になってしまうのです。

 

また、親の考え方だけではありません。古い考えの人との付き合いにも損する場合があります。

 

古い考えの人も親の考えが正しいと思い込んでいます。若者の考え方などは拒否反応します。間違いなく。

 

ずっと、つきあってしまうと時間が無駄になってしまうことがあります。

 

古い考えの人は早めに切り捨てることが大事です。

 

「友を大事にしろ!」みたいなことを言われるかもしれません。

 

しかし、そんなことは無視です!好感という言葉も忘れてしまいましょう!ロクなことにならないのです。

 

・まとめ

 

 以上のように、「【堀江貴文(ハッタリの流儀)】親の考えを真に受けるな!」について、お話しました。

 

親の考え方(古い考えの人)は、さっさと捨てることが一番です!邪魔になってしまうことがあります。

 

自分自身の生き方は自分で決めていきましょう!生き方をアップデートしていきましょう!

 

新しい人から積極的に吸収して、続けていきましょう!

 

それが、生き方の第一歩です!!

 

それでは。

 

<参考書籍>

「ハッタリの流儀」

著者:堀江貴文(ほりえたかふみ)

発行所:株式会社幻冬舎