しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、一人行動の生き方・過ごし方・楽しみ方、書籍(漫画も含む)、勉強法、動画(youtubeなど)を中心に投稿いたします。

日本人はなぜ一人行動ができないのか?

こんにちは。

 

しんちゃんです。

 

今回は、「日本人はなぜ一人行動ができないのか?」について、お話します。

 

・なぜ、日本人は一人行動ができないのか。

 

今、現在、「個の時代」が少しずつ、進んでいます。

 

しかし、なぜ、日本人は集団行動が強いのか。

 

昔から、自然と集団行動を身についています。

 

学校はもちろん、社会も集団行動しているのも事実です。考えたことがない人も多くいます。

 

一人行動が好きな方にとっては、気持ち悪いかもしれません。私もそうです。

 

・日本人の特徴は、集団行動が強い社会である

 

なぜ、日本人は集団行動に強い社会であるのか。

 

それは、「均質性」、「協調性」、「和の精神」、「思いやり」が詰まった特徴を持っているからです。

 

しかも、それらだけでなく、ことわざにもあります。

 

たとえば、

 

  • 長いものには巻かれろ:強いものに対して言うなりなっているほうがいい
  • 言わぬが花:はっきり言わない方が趣や利益がある

 

などなどがあります。

 

いかに、日本人は集団行動を表す言葉ばかりだとわかります。

 

もちろん、一緒に行動したほうが安心感があったり、楽しく感じたりします。

 

さらに、同じ格好をしたり、同じ行動したほうが落ち着くという考え方にもなっています。楽な方へいってしまう考え方もあります。

 

・集団行動にもデメリットがあります!

 

しかし、集団行動にも、実は、デメリットがあります。

 

「他人に迷惑をかけない」と思っているつもりが、実は、迷惑をかけてしまっていることがあります。

 

自分たちのストレスが原因で勝手に作ってしまっています。無我夢中になってしまい、気づくことができないのも事実です。

 

たとえば、日本の電車では。人身事故や脱線事故などがあった場合は、時間がずれてしまうことがあります。

 

これに関しては、仕方がない事だと思います。

 

しかし、ちょっとでも遅れたりしたら、出社時間が遅れることでイライラしてしまいます。それが、ストレスの原因へとつながってしまうのです。

 

それだけではありません。その他にも、

 

  • 電車でベビーカーは迷惑!
  • 公共の場で泣き叫ぶ子供は迷惑!

 

などなどがあります。

 

「他人に迷惑をかけない」つもりが、迷惑をかけているという現状もあります。

 

・まとめ

 

以上のように、「日本人はなぜ一人行動ができないのか?」についてお話しました。

 

周りを合わせなきゃいけないという日本人の特徴と、日本の特徴でもあることがわかりました。

 

周りを変えることは難しいです。でも、周りを変えるよりも、まずは、自分自身、行動してみるのが一番です。

 

自分自身、変えることが日本人でも一人行動ができると私は考えています。

 

それでは。

 

<参考文献>