しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

こんにちは。しんちゃんです。このブログは、この先の未来はますます深刻になってきています。家族や友達などにも頼ることもできない状態になります。そうなってしまうと一人でなんとかしないといけない。一人になってもいいように教養娯楽を楽しめるようにこのブログで記載します。一人でも多く生き抜くためにも提供いたします。よろしくお願いいたします。ジャンルは、旅行、お金、知識(IT、勉強法など)を中心に投稿いたします。ブログの投稿は、月2回投稿いたします。

【一人で生き抜く書籍】「デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」キャッシュレス決済に不安を持っている方はおすすめ

 

「やはり、キャッシュレス決済しようとするのがこわい」

 

「新デザインの紙幣と交換するのは、こわいよ」

 

「支払いは便利になったけど、こわいわ」

 

上記のように、キャッシュレス決済に不安を持っている人に向けて書いています。

 

しかし、キャッシュレス決済、便利だよという声が。「何が不安なの。キャッシュレス決済、便利だよ。使った方が得だよ」

 

キャッシュレス決済に不安を持っている人と便利だよという人に、方法があります。

 

デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」を読んで、キャッシュレス決済のこわさを理解しておくこと。

 

本記事を読んで、キャッシュレス決済が誕生した理由を知っておきましょう。

 

【前回】:

【一人で生き抜く書籍】「デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」個人情報を心配している人はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

 

「デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」を読んで欲しい方

 

  • 堤未果さんのファンの方
  • 「デジタル・ファシズム」を読んでいる方
  • キャッシュレス決済について知りたい方
  • 一人で生き抜く知識として身につきたい方

 

「デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」を読んで得られること

 

  • 堤未果さんの書籍をもっと読みたくなります
  • 「デジタル・ファシズム」をもっと読みたくなります
  • キャッシュレス決済のこわさを伝えたくなります
  • 一人で生き抜く知識として身につけることができます

 

「デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」の概要

 

 

現在、キャッシュレス決済によって、スムーズに支払うことができます。日本はまだ現金支払いが根強い。

 

しかし、キャッシュレス決済の支払いも少しずつ増えてきています。支払い方法の一つとして便利になってきています。

 

しかし、キャッシュレス決済のうらには、個人情報を得ようとしています。それだけでなく、2024年に新しい紙幣にもうらがひそんでいた。

 

どうやって、キャッシュレス決済や新しい紙幣で個人情報を得られるのか。それは、「デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」を通しながら、解説してくれます。

 

「考えすぎだよ。便利なのに」、「新しい紙幣で、バカじゃないの?」などという人におくります。

 

知らなかったら、個人情報だけでなく、お金がなくなるよ。

 

「デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」のプロフィール

「 中日新聞 デジタル化社会は大丈夫か ジャーナリスト・堤未果さんが新著:中日新聞Web」

 

堤未果(つつみみか)。国際ジャーナリスト。東京生まれ。

 

ニューヨーク州立大学大学院国際関係論学科卒、ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号。国連、米野村證券などを経て現職。

 

米国の政治、経済、医療、福祉、教育、エネルギー、農政など、徹底した現場取材と公文章分析による調査報道を続ける。

 

TV、ラジオ、新聞などメディア出演多数。

 

2006年『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』(海鳴社)で黒田清日本ジャーナリスト会議新人賞を受賞。

 

2008年『ルポ 貧困大国アメリカ』(岩波新書)で中央公論新書大賞、翌年には日本エッセイストクラブ賞を受賞。

 

多数の著作は海外でも翻訳されている。その他著作に『社会の真実の見つけかた』(岩波ジュニア新書)、『沈みゆく大国アメリカ』(集英社新書)、

 

政府は必ず嘘をつく』(角川新書)、『日本が売られる』(幻冬舎新書)他多数。

 

「デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」の4個の抜粋ポイント

 

 

デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」を読んで、4個の抜粋ポイントをまとめました。

 

  1. キャッシュレス決済によって、監視されます(読む前・読んだ後・今後の行動)
  2. 現金廃止しても、犯罪がなくならない(読む前・読んだ後・今後の行動)
  3. 新しい紙幣にワナが(読む前・読んだ後・今後の行動)
  4. 「タンス預金」が誕生した理由(読む前・読んだ後・今後の行動)

 

①キャッシュレス決済によって、監視されます

 

【読む前】

 

キャッシュレス決済は、支払いが便利であり、スムーズ。便利だなあとそう思っていました。

 

【読んだ後】

 

デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」を読み、キャッシュレス決済のこわさを知ることができました。

 

それは、いつ、どこで何を買ったかなどの個人情報を手に入れられてしまうこと。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • PayPay、楽天Payなどは民間企業が運営していること
  • キャンペーンなどの方法を得て、個人情報を手に入れることができます

 

現金だと、個人情報を得にくいので、便利な部分も。

 

【今後の行動】

 

便利だと思っていたキャッシュレス決済、こんなことに使われるなんて。キャッシュレス決済の危機をTwitterなどでコツコツ伝えていきます。

 

監視されないためにも。

 

【関連】:

【無意味】「自粛する意味あるの?」と疑問に思っている方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」支配者側の都合を知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

②現金廃止しても、犯罪がなくならない

 

【読む前】

 

現金が廃止しても、別の犯罪が増えていくんだろうなあと。私はなんとなくそんなが感じがしました。

 

【読んだ後】

 

デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」を読み、現金が廃止しても犯罪はなくならいということが、わかりました。

 

デジタル化はあくまでも方法で、やり方を変えても破るのは人間。現金廃止しても、サイバー犯罪があるので、あってもなくても意味がない。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 結局、お金があるかぎりなくならない
  • あと、人間がいるかぎり、なくなることはありません

 

デジタル化されたとき、システムが止められてしまったら、現金を守ることができません。

 

【今後の行動】

 

完全にお金をすべてデジタル化してはいけない。危険性を伝えていかなければなりません。

 

守るためにも、コツコツ伝えていきます。

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):響堂雪乃」これからの二ホンが起きることを知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「バカのための思考法(第4章編):浅村正樹」GAFAMのことを知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

③新しい紙幣にワナが

 

【読む前】

 

新しい紙幣が発表されたとき、なんでこのタイミングなのかと。不思議で仕方ありませんでした。

 

【読んだ後】

 

デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」を読み、財産税という新たな税金を作ろうとしていることが、わかった。

 

古い紙幣を無効にし、新しい紙幣に変わります。交換しないと使うことができない。

 

交換した際に、一人一人の資産が明らかになり、データを集めていく。10万円以上から税率がかかり、たくさんあればあるほど税率が高くなってしまうのだ。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 予告をすることで、お金を動かそうとしていることがわかります
  • 「タンス預金」しにくくなる可能性も

 

そこまでして、お金が欲しいのかと疑ってしまいます。

 

【今後の行動】

 

交換したら、税金取られてしまうので、伝えていかなければなりません。

 

それと同時に、これまで誕生した紙幣のことも勉強していかなければならないとあらためて感じました。

 

感じたことを伝えていきます。

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第1章編)」政府に違和感を覚えている方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮(第2章編)」政治に違和感を覚えている方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

④「タンス預金」が誕生した理由

 

【読む前】

 

なんで、お金が増えないのに、「タンス預金」をしているのだろうと。不思議で仕方ありませんでした。

 

【読んだ後】

 

デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」を読み、1946年に苦い経験されていたことが、わかった。

 

1946年、突然の預金封鎖と財産税によって、苦い経験があって、家の中で現金を置いていた。2度と同じことを起きないようにするために、「タンス預金」が誕生したのだ。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 他人からお金を取られたら、たまったもんじゃない
  • 「タンス預金」という名前だけでダサいと決めつけてはいけない

 

しかし、新しい紙幣への交換、キャッシュレス決済により、資産を把握してしまうのだ。

 

【今後の行動】

 

やはり、自分のお金は自分で守っていかなければなりません。生きていくためにも必要なこと。

 

そのためにも、財産税反対をしていかなければなりません。守るためにも伝えていきます。

 

【関連】:

【まとめ記事】「続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ:秋嶋亮」を読んでみたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「コロナ自粛の大罪:鳥集徹」自粛の意味があったのか知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

まとめ

 

 

以上のように、「【一人で生き抜く書籍】「デジタル・ファシズム(第2章編):堤未果」キャッシュレス決済に不安を持っている方はおすすめ」について、お伝えしました。

 

まとめると以下の通りです。

 

  • キャッシュレス決済は、監視をする役目
  • PayPayや楽天Payなど運営しているのは、民間企業だということ
  • 現金廃止しても犯罪はなくならない
  • 人間が生きているかぎり、犯罪はなくならない
  • デジタル化されたとき、システムが止められたら、お金を守ることはできません
  • 新しい紙幣の誕生のうらには、財産税を作ろうとしています
  • 旧紙幣によって、一人一人の資産が明らかになってしまいます
  • 1946年、突然の預金封鎖、財産率によって、苦い経験をした
  • 2度と同じ経験したくないので、「タンス預金」が誕生した

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

【一人で生き抜く書籍】「デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」個人情報を心配している人はおすすめ

 

SNS、使っているけど、個人情報とか心配」

 

「デジタル化になっている世の中だけど、大丈夫かな」

 

「便利な世の中になっているけど、大丈夫かな」

 

上記のように、個人情報を心配している人に向けて書いています。

 

しかし、個人情報より便利な世の中にした方がいいという人も。「個人情報?心配しなくても大丈夫。セキュリティーがあるから大丈夫だよ」

 

個人情報を心配している人と便利な世の中にした方がいい人に、方法があります。

 

デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」を読んで、どうやって個人情報を得ようとしているのか。また、どうやって使われるのか、理解しておくこと。

 

本記事を読んで、個人情報を守ることを考えていきましょう。

 

 

この記事を読んで欲しい方

 

  • 堤未果さんのファンの方
  • 「デジタル・ファシズム」を読んでいる方
  • 個人情報に不安を持っている方
  • 一人で生き抜く知識を身につきたい方

 

この記事を読んで得られること

 

  • 堤未果の書籍を読みたくなります
  • 「デジタル・ファシズム」をもっと読みたくなります
  • 個人情報をもっと大切に扱うようになります
  • さらなる生き抜く知識を高めるようになります

 

「デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」の概要

 

 

今、現在、デジタル化となって、ますます便利な世の中になってきています。昔と比べものにならないくらい便利に。

 

便利な暮らしになっている世の中で、うらでは個人情報を得ようとしています。そんなことあるかと思う人いるかと思います。

 

実はもうすでに実行中、SNSマイナンバーカードなどにより、個人情報を得ようと模索中です。

 

どうやって、個人情報を得ようとしているのか。また、どうやって使われるのか。

 

それは、「デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」を通しながら、解説してくれます。

 

「個人情報、大丈夫だよ」、「机上の空論だろ」などという人たちにおくります。知らないうちに盗まれているかも。

 

「デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」のプロフィール

 

堤未果(つつみみか)。国際ジャーナリスト。東京生まれ。

 

ニューヨーク州立大学大学院国際関係論学科卒、ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号。国連、米野村證券などを経て現職。

 

米国の政治、経済、医療、福祉、教育、エネルギー、農政など、徹底した現場取材と公文章分析による調査報道を続ける。

 

TV、ラジオ、新聞などメディア出演多数。

 

2006年『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』(海鳴社)で黒田清日本ジャーナリスト会議新人賞を受賞。

 

2008年『ルポ 貧困大国アメリカ』(岩波新書)で中央公論新書大賞、翌年には日本エッセイストクラブ賞を受賞。

 

多数の著作は海外でも翻訳されている。その他著作に『社会の真実の見つけかた』(岩波ジュニア新書)、『沈みゆく大国アメリカ』(集英社新書)、

 

政府は必ず嘘をつく』(角川新書)、『日本が売られる』(幻冬舎新書)他多数。

 

「デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」の4個の抜粋ポイント

 

 

「デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」を読んで、抜粋ポイント4個をまとめました。

 

  1. SNSからも個人情報を得られる可能性が(読む前・読んだ後・今後の行動)
  2. デジタル化の政府、信用できますか?(読む前・読んだ後・今後の行動)
  3. グレートリセット」は便利な生活にならない(読む前・読んだ後・今後の行動)
  4. 個人情報は何が何でも守るべし(読む前・読んだ後・今後の行動)

 

SNSからも個人情報を得られる可能性が

 

【読む前】

 

SNSを使うときは、住所などの情報を発信しないようにしています。(当たり前)知られたら、大変なことになります。

 

【読んだ後】

 

デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」を読み、発信しなくても個人情報を使われることがわかった。

 

たとえば、若者に大人気アプリ「TikTok」。生体識別情報を自動収集することができ、許可なく、ユーザーから顔写真や声紋などが得られます。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 無料と言うのは個人情報と引き換え
  • 監視目的で作られた可能性あり

 

TwitterFacebookはまだありません。しかし、近いうちに個人情報を使われてしまうかも。

 

【今後の行動】

 

個人情報を使われる前に、声を出していきます。個人情報の大切さをしっかり伝えていかないといけない指名があります。伝えていこう。

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「同調圧力なんかクソくらえ:堀江貴文」同調圧力に負けずに生きていたい方 - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):響堂雪乃」これからの二ホンが起きることを知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

②デジタル化の政府、信用できますか?

 

【読む前】

 

すべてデジタル化にしている国はあるのかと。勝手にないと決めつけていました。

 

【読んだ後】

 

デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」を読んで、エストニアがデジタル化になっていることがわかりました。

 

99%の国民がデジタルIDをもっております。デジタルIDを持っていることで、個人情報1か所に集められます。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • モデルになっている感じがします
  • 婚姻など以外のデジタル化にしているのも驚きだ

 

もし、日本でやるとしたら、個人情報を得られ、監視が高めていきそうな感じがします。

 

【今後の行動】

 

すべてデジタルで解決できないことを伝えなければならない。デジタル化したら、ますます監視が高めていく。

 

そうならないためにも、コツコツ伝えていきます。

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第1章編):響堂雪乃」政治に違和感を覚えている方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第2章編):響堂雪乃」二ホンという国に違和感を覚えている方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

③「グレートリセット」は便利な生活にならない

 

【読む前】

 

グレート・リセット」は、便利な生活にするための一つの言葉かなと。勝手に考えていました。

 

【読んだ後】

 

デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」を読んで、国民を監視し、思考を読みとるのが目的であることがわかった。

 

5GやAIなどによって、政府が私達の思考を読みとり、行動まで影響していく。政府の思い通りにするため。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • マイクロチップなど埋め込むのかと勝手に想像した
  • ずっと監視されつづけていたら、気分悪くなるなあと感じた

 

本人の代わりに決定するので、自分ではなくなる可能性あり。

 

【今後の行動】

 

グレート・リセット」の危険性をコツコツ伝えておかなければならない。自分が自分でなくなるのが悲しくなります・

 

そうならないためにも、ブログ記事などにも伝えていきます。

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「バカのための思考法(第4章編):浅村正樹」GAFAMのことを知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

【まとめ記事】「バカのための思考法:浅村正樹」を読んでみたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

④個人情報は何が何でも守るべし

 

【読む前】

 

マイナンバーカードは、個人情報を一括に管理していくだなあと。私は勝手にそう思い込んでしまいました。

 

【読んだ後】

 

デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」を読んで、マイナンバーカードは監視していく一つの手段だったことがわかった。

 

大事な個人情報を使われてしまったら、誰も守ってくれません。勝手に政府が好き勝手に利用されてしまいます。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • キャンペーンなどで個人情報を集めるための手段
  • ワクチンパスポートも手段

 

【今後の行動】

 

マイナンバーカード、ワクチンパスポートは、登録いたしません。何が何でも。

 

大事な個人情報を守るためにも危険性を伝えていきたいです。時間はまだあるので、コツコツ伝えていきます。

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」支配者側の都合を知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

【無意味】「自粛する意味あるの?」と疑問に思っている方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

まとめ

 

 

以上のように、「【一人で生き抜く書籍】「デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」個人情報を心配している人はおすすめ」について、お伝えしました。

 

まとめると以下の通り。

 

  • TikTok」は、ユーザーの顔写真、声紋などを集めるのが目的
  • TwitterFacebookなども個人情報を使われるかもしれない
  • エストニアは99%デジタル化
  • 日本はエストニア化したら、監視がさらに高まります
  • グレート・リセット」は、便利な生活にはならない
  • グレート・リセット」は、国民を監視し、思考を読みとるのが目的
  • マイナンバーカード、ワクチンパスポートは個人情報を使われる一つの手段
  • 勝手に使われないためにも、意思を伝えておくのがベスト

 

それでは。

 

 

 

【一人で生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(5)」読む力が欲しい方はおすすめ

 

「理解しているつもりが、まちがえてしまう?」

 

「読んだつもりなのに、読んでいないと言われます」

 

「読む力って必要なの?」

 

上記のように、読む力が必要な人たちに向けて書いています。

 

しかし、読む力が必要ではないという声が。「いまさら、読む力は必要ないだろう。読む力を得て、何になるのかな?」

 

読む力が必要な人と読む力にメリットがあるのを疑問の人に、方法があります。

 

ドラゴン桜(5)」を読んで、読む力の重要性を理解しておくこと。本記事を読んで、読む力を身につけ、生き抜いていきましょう。

 

 

この記事を読んで欲しい方

 

  • 三田紀房先生のファンの方
  • ドラゴン桜」のファンの方
  • 読む力が欲しい方
  • 一人で生き抜く知識として身につけたい方

 

この記事を読んで得られること

 

  • 三田紀房先生の作品が読みたくなります
  • ドラゴン桜」をもっと読みたくなります
  • 読む力を身につけるために実践したくなります
  • 一人で生き抜く知識の一つとして身につけることができます

 

ドラゴン桜(5):三田紀房」の概要

 

 

読む力は全員、持っていると誰もがそう思っています。しかし、全員、読む力を持っているのは、思い込み。

 

実は、ほとんど読む力を持っていません。さらっと読んでいる人が多い。

 

読む力を身につくためには、本を読むことは重要。もちろん、それだけ身につくことができません。学校では、学ぶことはできません。

 

どうやって、読む力を身につくことができるのか?それは、「ドラゴン桜(5)」を通しながら、解説してくれます。

 

「マンガで読む力が身につく?そんなわけないだろう」、「今さら、読む力必要ないよ」などという人たちにおくります。

 

あなたがた、読む力がないと生き残れないよ。

 

ドラゴン桜(5):三田紀房」のプロフィール

 

「 株式会社コルク 三田紀房|株式会社コルク」

 

三田 紀房 (みた のりふさ)。1958年、岩手県生まれ。漫画家。

 

明治大学政治経済学部卒業後、大手百貨店勤務などを経て、30歳のとき講談社ちばてつや賞一般部門入選で漫画家デ ビュー。

 

社会現象を巻き起こした東大合格請負漫画『ドラゴン桜』(講談社)で第29回講談社漫画賞受賞、

 

平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀 賞受賞(「BOOK著者紹介情報」より:本データは『汗をかかずにトップを奪え! 〜『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾〜』(ISBN-10:4479302921)が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

ドラゴン桜(5):三田紀房」の3個の抜粋ポイント

 

 

ドラゴン桜(5)」を読んで、3個の抜粋ポイントをまとめました。

 

  1. 読む力は意外とむずかしい(読む前・読んだ後・今後の行動)
  2. 様々なものから推測して読む(読む前・読んだ後・今後の行動)
  3. 常になぜという「疑問」を持つこと(読む前・読んだ後・今後の行動)

 

①読む力は意外とむずかしい

 

【読む前】

 

誰もが読む力は持っているだと。私もそう思いました。勝手に思い込んだ。

 

【読んだ後】

 

ドラゴン桜(5)」を読んで、ほとんどが読む力を持っていないことがわかった。

 

ほとんどの人は、さらっとしか読んでいないことが判明。さらっと読んでいないので、内容が理解していないことも。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • ネットニュースでも、タイトルしか見ていない人が多い
  • めんどくさいというのも事実

 

直接、書かれていない行間を読みとらないといけない。

 

【今後の行動】

 

今後、生き抜くためにもしっかり読みとれる能力を身につきたい。さらっと読まずに、内容をしっかり理解していくよう、コツコツやってまいります。

 

関連:

【一人で生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(2):三田紀房」書いて覚えたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

数学を勉強し、一人で生き抜いていこう - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

②様々なものから推測して読む

 

【読む前】

 

日常でなんでこんなものがあるのか。何でそうなっているのか。まったく考えていませんでした。

 

【読んだ後】

 

ドラゴン桜(5)」を読んで、身近なものでもヒントがあったのです。

 

読む力を身につける一つとして、様々な物事からなんでそうなるのかを、推測する必要があります。

 

たとえば、「なんでこの道は一方通行なのか?」、「なんで信号機があるのか?」などたくさんあります。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 家の中でも外でも考える内容があります
  • 今、起きていることも

 

身近なものが意外と宝になることも。学校の外、会社の外、家の外などにもたくさんあります。ぼんやり歩いていたりしてはいけない。

 

机に向かって書籍を読むだけでは発見できない。あと、ぼんやり、文字を追ってはいけません。

 

【今後の行動】

 

生き抜くためにも、身近なものから考えるクセをつけたいと考えています。身近なものが実は、ヒントになったりすることも。それを見つけていきます。

 

関連:

【一人で生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(1):三田紀房」だまされたくない人はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

【まとめ記事】「バカのための思考法:浅村正樹」を読んでみたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

③常になぜという「疑問」を持つこと

 

【読む前】

 

私は疑問を持っていませんでした。考えるのがめんどくさいという理由も。

 

【読んだ後】

 

ドラゴン桜(5)」を読み、常になぜという疑問を持つことが、読む力を身につけることがわかった。

 

常になぜという疑問を持ちつづければ、解決策が出てくるかもしれません。また、「疑問」を持ちながら、調べる必要も。

 

調べていけば、いろいろ気づくこともあります。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 好奇心にもつながっていく
  • 持ち続ければ、続けるほど興味がどんどん出てくることも

 

子どもは疑問をもちます。しかし、大人になると意外と疑問がないかも。だからこそ、「疑問」をもつことが大事。

 

自分なりの論理を構築していくのが大事。好奇心にもつながります。

 

【今後の行動】

 

私はコロナについてずっと疑問を持ち続けています。今でもコツコツ調べ中。今後も疑問を持ち続けていきたいと思っています。

 

関連:

【一人生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(3):三田紀房」英語の勉強を知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

【一人で生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(4):三田紀房」英語を勉強したい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

まとめ

 

 

以上のように、「【一人で生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(5)」読む力が欲しい方はおすすめ」について、お伝えしました。

 

まとめると以下の通り。

 

  • 読む力はかんたんではない
  • 直接書かれていない行間を読むことも重要
  • 身近なものが考えるヒントにもなります
  • 身近なものが意外と宝になることも
  • 常になぜという「疑問」を持つことが大事
  • 大人になると疑問を持たなくなります。だからこそ、疑問をもつことが大事

 

それでは。

 

 

 

 

【一人で生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(4):三田紀房」英語を勉強したい方はおすすめ

 

「英語の勉強、どうすればいいのか?」

 

「仕事の幅を増やしたいけれど、どうすればいいのか?」

 

「子どものためにもいったいどうやって教えれば?」

 

上記のように、英語を勉強したい人に向けて書いています。

 

しかし、悩んでいるひまがあれば、勉強すればいいという声が。

「悩んでいるひまがあれば、やみくもにやればいいだろう。」

 

英語を勉強したい人とやみくもに勉強すればいいだろうという人に、方法があります。

 

ドラゴン桜(4)」を読んで、英語の勉強方法の内容を理解しておくこと。

 

本記事を読んで、英語の勉強を楽しくできるように覚えておきましょう。

 

 

この記事を読んで欲しい方

 

  • 三田紀房先生のファンの方
  • ドラゴン桜」のファンの方
  • 英語の勉強をやりたい方
  • 一人で生き抜く知識として身につけたい方

 

この記事を読んで得られること

 

  • 三田紀房先生の作品をもっと読みたくなります
  • ドラゴン桜」をもっと読みたくなります
  • 英語の勉強をしたくなります
  • 一人で生き抜く知識の一つとして身につけられます

 

ドラゴン桜(4):三田紀房」の概要

 

 

みなさん、英語は得意ですか?私は大の苦手です。

 

日本語とちがって、文法や単語がむずかしすぎてわからない。英作文になってくるとますますわからないけどね。

 

今は、小学生からでも英語を習い始めているところが多い。楽しく学んでいるはず。しかし、中学生になってくると楽しくなくなってきます。

 

その原因は、日本の英語教育に問題があります。約10年間学んだとしても、身につくことができません。

 

再び学び始めたいけど、どうすればいいのか?わからないのも事実。そこで、「ドラゴン桜(4)」を通しながら、解説してくれます。

 

「学生の頃のやり方でやればいいだろう?」などという人たちにおくります。

 

あなたたちが学生の頃のやり方で、身につけましたか?身についていないなら、読みましょう。

 

ドラゴン桜(4):三田紀房」のプロフィール

 

「 株式会社コルク 三田紀房|株式会社コルク」

 

三田 紀房 (みた のりふさ)。1958年、岩手県生まれ。漫画家。

 

明治大学政治経済学部卒業後、大手百貨店勤務などを経て、30歳のとき講談社ちばてつや賞一般部門入選で漫画家デ ビュー。

 

社会現象を巻き起こした東大合格請負漫画『ドラゴン桜』(講談社)で第29回講談社漫画賞受賞、

 

平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀 賞受賞(「BOOK著者紹介情報」より:本データは『汗をかかずにトップを奪え! 〜『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾〜』(ISBN-10:4479302921)が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

ドラゴン桜(4):三田紀房」の4個の抜粋ポイント

 

 

ドラゴン桜(4):三田紀房」を読み、抜粋ポイント4個まとめました。

 

  1. 日本人が英語をできない理由(読む前・読んだ後・今後の行動)
  2. 受け身の勉強だと英語は身につかない(読む前・読んだ後・今後の行動)
  3. 英作文はむずかしく作るものではない(読む前・読んだ後・今後の行動)
  4. 覚えた内容は忘れてもいい(読む前・読んだ後・今後の行動)

 

①日本人が英語をできない理由

 

【読む前】

 

日本人はいつまでたっても英語の勉強ができない。話すこともできない。どうやって身につくことができるのかと不思議に思いました。

 

【読んだ後】

 

ドラゴン桜(4)」を読んで、日本人が英語をできない理由がわかりました。それは、日本人が完璧主義だということを。

 

英語かぎらず、完璧に覚えないといけない国民性をもっています。完璧主義をもってしまっているため、身につくことができない。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 日本人のこだわりにもつながるだなあと
  • 完璧じゃないとはずかしがってしまう性質も

 

日本の国民性を知らないと、身につくことができない。

 

【今後の活動】

 

私も完璧主義にせず、コツコツまちがいをしながら、身につけていきます。恥ずかしがらずに、コツコツやっていきたいです。

 

関連:

【一人で生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(1):三田紀房」だまされたくない人はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

【一人生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(3):三田紀房」英語の勉強を知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

②受け身の勉強だと英語は身につかない

 

【読む前】

 

私自身も、英語を勉強するとき、読みや文法だとなかなか理解できない。身につくことができない私がいました。

 

【読んだ後】

 

ドラゴン桜(4)」を読んで、受け身の勉強だと身につくことができないということがわかりました。

 

読みや文法だと仮に理解したとしても、話さなければ意味がありません。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 日本語と同様、話さなければ、意味がない。(どの外国語も同様)
  • 英語だけでなく、他の勉強で受け身でやると意味がない

 

やはり、英語はアウトプットしなければ意味がありません。

 

【今後の行動】

 

インプットばかりせず、アウトプットもしっかりやっていきます。もちろん、失敗しながら、コツコツ身につけていきます。

 

関連:

大人が勉強しない理由 - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

大人に合った勉強法で勉強していこう! - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

③英作文はむずかしく作るものではない

 

【読む前】

 

英作文はむずかしく作らないといけないという思い込みが、ありました。いい文章を書くために。

 

【読んだ後】

 

ドラゴン桜(4)」を読んで、むずかしく作る必要がないとわかった。

 

英作文はシンプルでいい。むずかしい単語や文法を使うよりも、自分が知っている単語や文法などを作った方がいいと。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • むずかしい単語や文法など使った方がかっこいいと思い込んでしまった
  • 英作文も完璧しないといけないと思い込んでしまった

 

シンプルに作るのが一番。ただし、スペルミスや文法まちがいは要注意。

 

【今後の行動】

 

英作文を書くときには、シンプルで伝えていきます。英作文はむずかしくせず、私も読みやすい英作文にするように心がけます。

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「見抜く力:佐藤優」教養を身につけたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

数学を勉強し、一人で生き抜いていこう - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

④覚えた内容は忘れてもいい

 

【読む前】

 

私だけでなく、暗記が苦手。暗記が苦手なら、ダメ人間とそう思ってしまいました。

 

【読んだ後】

 

ドラゴン桜(4)」を読んで、覚えた内容は忘れてもいいということがわかりました。

 

人間は忘れるのが当たり前。人間は忘れるように仕組みになっています。忘れても問題ないので、落ち込む必要はありません。

 

あと、社会人になれば、細かい内容を覚えていないので問題ない。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 「人間は忘れるのが当たり前」というのは、ほとんど知らない
  • 学校では、このことを教えてくれない

 

これを知るのと知らないのでは、差がちがってくるでしょう。

 

【今後の行動】

 

仕組みがわかったので、忘れながら、覚えながら勉強していきます。

 

あと、落ち込む必要はないので、楽しみながらやっていきます。落ち込むのは、テストや資格の結果の時のみ。

 

関連:

【一人で生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(2):三田紀房」書いて覚えたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

【まとめ記事】「バカのための思考法:浅村正樹」を読んでみたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

まとめ

 

 

以上のように、「【一人で生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(4):三田紀房」英語を勉強したい方はおすすめ」について、お伝えしました。

 

まとめると以下の通り。

 

  • 日本の国民性は完璧主義だということ
  • 完璧主義だといけないから、英語限らず、他の知識を身につくことができない
  • 英語の勉強は、ほとんど受け身が多い
  • 英語限らず、アウトプットしなければ意味がない
  • 英作文はむずかしく作るものではない
  • 自分が知っている単語や文法など使うのがベスト
  • 人間は忘れるのは当たり前なので、落ち込む必要はない
  • 社会人になれば、細かい内容を覚えていないので問題ない

 

それでは。

 

 

 

【無意味】「自粛する意味あるの?」と疑問に思っている方はおすすめ

 

「自粛する意味、あったのかな?」

 

「死亡者数が少ないのに、なんで自粛するの?」

 

「自粛によって、ウイルスは消えるの?」

 

上記のように、「自粛する意味あるの?」と疑問に思っている人に向けて書いています。

 

しかし、「それでも自粛する意味がある」という声が。

 

「テレビ・新聞が言っているから、自粛する意味は絶対にある!」

 

「自粛する意味あるの?」と「自粛する意味は絶対にある」と思っている人に、方法があります。

 

参考文献で紹介する書籍を読んで、自粛する意味があったのかと考えなら得ること。

 

本記事を読んで、こちらも自粛する意味があったのかと考えながら、コツコツ広めていきましょう。

 

 

「【まとめ記事(テーマ編)】【無意味】「自粛する意味あるの?」と疑問に思っている方はおすすめ」を読んで欲しい方

 

  • 自粛する意味があったのかと疑問に思っている方
  • 新型コロナウイルスについてもっと知りたい方
  • 緊急事態宣言、果たして意味があったのかと思っている方
  • 一人で生き抜く知識として身につきたい方

 

【まとめ記事(テーマ編)】【無意味】「自粛する意味あるの?」と疑問に思っている方はおすすめを読んで得られること

 

  • 自粛する意味があったのかと考えるようになります
  • 新型コロナウイルスのことについて、もっと知りたくなります
  • 緊急事態宣言について、意味あったのかと考えるようになります
  • 一人で生き抜く知識の一つとして身につけられるようになります

 

「【無意味】「自粛する意味あるの?」と疑問に思っている方はおすすめ」の概要

 

 

未知のウイルスにより、自粛をすれば、ウイルスはおさまると誰もがそう思っていました。

 

しかし、ふたを開ければ、死亡者数が少なかったことが発覚。それだけでなく、経済が悪化し、倒産や失業するという事態になってしまった。

 

自粛は無意味だとわかったはず。

 

しかし、マスコミや政府は、ウイルスの危険性を報道し続け、再び緊急事態宣言を何回も出した。しかも、延長したことも。

 

はたして、本当に自粛をやって意味があったのか考えなければなりません。そこで、さまざまな書籍を通して、解説していきます。

 

「それでも自粛する意味あったと思うよ」、「自粛しない方がバカ」などという人たちにおくります。わからないままの人は、永遠に自粛してください。

 

わかる人は自粛せず、生き抜いていきましょう。

 

「【無意味】「自粛する意味あるの?」と疑問に思っている方はおすすめ」の4個の抜粋ポイント

 

 

「【まとめ記事(テーマ編)】【無意味】「自粛する意味あるの?」と疑問に思っている方はおすすめ」で、抜粋ポイント4個をまとめました。

 

  1. 専門家はデータ無視により、悪影響が(読む前・読んだ後・今後の行動)
  2. 免疫力がなくなると早めてしまう(読む前・読んだ後・今後の行動)
  3. ニセ感染者数の影響により、自粛が強まってしまった(読む前・読んだ後・今後の行動)
  4. 自粛の前に、考える力が必要(読む前・読んだ後・今後の行動)

 

①専門家はデータ無視により、悪影響

 

【読む前】

 

専門家はデータをもとに、対策しているのかなと。勝手に思ってしまいました。

 

【読んだ後】

 

専門家は、データを無視しながら、緊急事態宣言を発令した。

 

しかも、延長したことも。データを無視した理由は、他の知識がなかったから。学問業績でも医者や専門家でも、データを無視していた。

 

【読んで思ったこと】

 

  • オンリーワンの影響があるかもしれないと感じた
  • 他の知識を話したとき、きょとんとしている顔を思い出す

 

さらに、視聴率稼ぎやお金稼ぎをしているので、その場でしのぎでデタラメを言っています。

 

【今後の行動】

 

どんな有名な先生でもうのみにしないようにしています。今でも。言ったことをうのみにせず、自分の頭でしっかり考え、生き抜いていきます。

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「コロナとワクチンの全貌:小林よしのり・井上正康」科学的に学んでいきたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第3章編):響堂雪乃」テレビや新聞に違和感を持っている方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

②免疫力がなくなると早めてしまう

 

【読む前】

 

そもそも「免疫力」という言葉を知りませんでした。あと、「免疫力」は生き抜く知識であると知りませんでした。

 

【読んだ後】

 

「免疫力」がないと、老後になったときに死んでしまうことが発覚。免疫力に必要なことの一つ、日光を当たらなければならない。

 

当たらなかったら、体内時計がずれて不眠になり、認知機能も低下。最悪の場合、寿命が早めてしまうことも。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 私、「免疫力」という言葉を知らなかったのが今でもはずかしい
  • 太陽があるから生きているだとあらためて気づいた

 

免疫力は、実はすごい!

 

【今後の行動】

 

免疫力を高めるために、散歩をしています。

 

ゆっくりゆっくりと。免疫力を高めるために、生きていくために、コツコツ歩くようにしています。これからも歩き続けます。

 

関連:

【まとめ記事】「ゴーマニズム宣言SPECIALコロナ論:小林よしのり」シリーズを読んでみたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

【まとめ記事(テーマ編)】【無意味】マスクの効果はあると思っている方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

③ニセ感染者数の影響により、自粛が強まってしまった

 

【読む前】

 

感染者数はどうやって数えているのかなと気になっていました。きっと、病院とかでやっているのかなと。

 

【読んだ後】

 

ニセ感染者数の数え方は、PCR検査によって、数えていたことがわかった。

 

PCR検査は民間企業が参入したことによって、2020年感染者数が一気に増えてしまった。もちろん、数の操作することも可能。

 

新型コロナウイルスのおそろしさを思い知るためでもあるのだ。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • PCR検査はやはり、ウイルスを発見するものではない。
  • 調べれば、わかるはずなのに、マスコミの影響でわかった気になっています

 

また、感染者数によって、自粛する判断材料の一つとしてなってしまっているのだ。

 

【今後の行動】

 

感染者数をうのみにせず、なぜこの数字で発表しているのかと考えるようにしています。

 

また、PCR検査はウイルスを発見するものではないと伝えていきます。

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「コロナワクチンの恐ろしさ」コロナワクチンのことを知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」支配者側の都合を知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

 

④自粛の前に、考える力が必要

 

【読む前】

 

自粛の前に、何も考えればいいのかとずっと考えていました。生き抜く力はもちろん、必要。でも、他に何があるのかとずっと考えていました。

 

【読んだ後】

 

バカのための思考法(第5章):浅村正樹」を読み、考える力が必要だったことがわかった。

 

自粛の前に。「なぜ、夜の飲食店が感染拡大につながるのか?」などと考えればいいのです。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 冷静になれば、疑問に浮かぶはず
  • 日本人は考えるのが苦手だと私ははずかしく感じた

 

【今後の行動】

 

今後、何かしらじゃまが入ってくるのは、確実だと思います。

 

それでも、私は考え続け、伝え続けていきます。仮に、じゃまが入ったとしても。

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」支配者側の都合を知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「見抜く力:佐藤優」教養を身につけたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

まとめ

 

 

以上のように、「【まとめ記事(テーマ編)】【無意味】「自粛する意味あるの?」と疑問に思っている方はおすすめ」について、お伝えしました。

 

まとめると以下の通り。

 

  • 専門家はデータを無視した理由は、他の知識がなかったから
  • その場しのぎでデタラメを言っていることがわかった
  • 免疫力の一つ、日光をあびること
  • 免疫力がないと、体内時計がずれて、不眠になることも。さらに、認知機能低下も。
  • 感染者数の数え方は、PCR検査の数で数えていた
  • 2020年の冬、感染者数が一気に増えたのは、民間企業が参入したから
  • 生き抜くためには、考える力が必要
  • 生きていくためには、常に疑問を持つこと

 

それでは。

 

参考文献

 

【一人で生き抜く漫画】「ゴーマニズム宣言SPECIALコロナ論:小林よしのり」メディアの報道に違和感を覚えた方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【一人で生き抜く漫画】「ゴーマニズム宣言SPECIALコロナ論3:小林よしのり」メディアの報道に違和感を覚えた方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【一人で生き抜く書籍】「バカのための思考法(第5章編):浅村正樹」感情の仕組みを知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【一人で生き抜く書籍】「コロナ自粛の大罪:鳥集徹」自粛の意味があったのか知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

 

 

 

 

 

 

数学を勉強し、一人で生き抜いていこう

f:id:Q45vb4:20220205164152p:plain

 

「数学を勉強する意味あるの?」

 

「数学を捨てて、他の勉強していたなあ」

 

「社会で数学を使うところは、はっきりいってないよ」

 

上記のように、数学を勉強する意味がわからないという人に向けて書いています。

 

また、数学嫌いな人から強烈な一言が。「数学とかなくしてほしい。勉強する価値がないから」

 

数学を勉強する意味がわからない人と超数学嫌いな人に、方法があります。

 

本記事を読んで、「数学を勉強し、一人で生き抜いていこう」を学び、数学を勉強する意味を見つけてください。

 

数学を勉強をし、生き抜いていこう。

 

 

「数学を勉強し、一人で生き抜いていこう」を読んで欲しい方

 

  • 数学が嫌いな方
  • 数学をもう一度やり直したい方
  • 一人で生き抜くための知識として身につきたい方

 

「数学を勉強し、一人で生き抜いていこう」を読んで得られること

 

  • 数学を勉強したくなります
  • 数学を勉強する意味をわかるようになっていきます

 

「数学を勉強し、一人で生き抜いていこう」の概要

 

f:id:Q45vb4:20220205185849p:plain

 

学生のみなさまは「数学を勉強する意味あるの?」、社会人のみなさまは「社会では使わないよ」と思っているのでしょう。

 

数学が苦手だったことがわかる会話となっています。

 

しかし、学生でも社会人でも数学を勉強しなくてはいけません。なぜなら、生き抜くためでもあるから。

 

数学を勉強していけば、論理的な思考や数量的なエビデンスを得られることができるからです。

 

そう言っても勉強したくない人もいるでしょう。中学高校、下手したら小学生の内容をやりなおさないといけない。はずかしさもあるでしょう。

 

しかし、生き抜くためにははずかしいと言ってられません。生き抜くためにも数学を勉強していかなければならない。

 

そこで知るためには、本記事を通しながら、解説していきます。

 

「数学の勉強したくないよ」、「数学を勉強する意味ないだろう」などという人におくります。

 

数学、勉強しなかったら死ぬよ。マジで。

 

数学を勉強する意味とは?

 

 

数学を勉強する意味はあります。なぜなら、生き残るためでもあり、生き抜くためでもあるから。ドラゴン桜2(7)によると、

 

「チームリーダーが現れる。チームリーダーになれる一番の資質は、数的センス。つまり、数を数えて配分する能力だ」

 

「数学に強い者が集団を率いて計画を立案し事業を行って、成功させて利益を最初に多く獲得する」

 

ドラゴン桜2(7)」より)

 

と書かれていました。

 

集団でも数学を勉強する意味もあります。

 

もちろん、一人でも生き抜くためには、数学を勉強する必要があります。なぜなら、生き抜くためでもあるから。

 

いろんなところで論理的思考でいかなければならない。物事を考えるさいには、必要。

 

あと、お金に関する計算も必要になっていきます。(経済や簿記の知識も必要となっていきます)

 

ちなみに、私は数学が得意科目だったので、論理的な思考には自信をもっています。あと、簿記もコツコツ勉強中。

 

そう考えると、一人で生き抜くためには数学を勉強する意味があります。

 

関連:

【一人で生き抜く書籍】「見抜く力:佐藤優」教養を身につけたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ


関連:

【一人で生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(1):三田紀房」だまされたくない人はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

【一人で生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(2):三田紀房」書いて覚えたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

小学2年生で決まってしまう

 

 

小学2年生で算数がしっかり勉強しているかどうかで、決められます。なぜなら、中学高校の勉強が「できる」や「できない」かどうかで決められるから。

 

小学2年生の算数でしっかりコツコツやっていけば、できる子になり、まわりから「できる子」と認知されるようになっていきます。

 

他人から認められるようになれます。

 

しかし、小中学生のころは算数が得意で、数学も得意だった。

高校になっていくと、成績が下がってしまう。微積分あたりでわけわからなくなってしまう。

 

そうすると、「社会じゃ、数学は使わないだろう」という認識になってしまいます。

 

本当にできる子なら、高校数学まで計算力はきっちりできて、理解した生徒です。生きることもでき、考える人間になれます。

 

ちなみに、私は数学が得意だったので、計算力はあります。コツコツ勉強したかいもあったことを覚えています。

 

関連:

大人が勉強しない理由 - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

関連:

大人に合った勉強法で勉強していこう! - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

今からでも遅くはない。まず、小学算数から。

 

 

今からでも遅くはない。なぜなら、いつでも学べることができるから。社会人になると勉強する時間が少なくなってしまいます。

 

理由は、「仕事で忙しい」、「子育てで忙しい」とか様々です。

 

しかし、忙しいとかの理由になってしまうと、いつまでたっても勉強する気がなくなってしまいます。

 

チャンスを失ってしまうことがあります。そうならないためにも、10分でもいいから勉強していくのがベスト。

 

数学を勉強するためには、小学算数(2年生)からやっていくのがいい。

もちろん、小学3年生からでもいいですし、中学高校の数学からでもいい。レベルはおまかせします。

 

ちなみに、社会人としては確率をやっていくのがおすすめ(ただし、ある程度の基礎がある方のみ)。確率はデータ解析に必要な知識のため。

 

ただし、応用・発展・受験レベルは無理にやらないでください。勉強する気力がなくなってしまいます。もちろん、自信がある人は、勉強してもかまいません。

 

しかし、無理にやったら、元も子もないので要注意。

 

ちなみに、私が小学算数を勉強し直した経験があります。意外とわかっていないところもあり、ショックを受けた経験も。

 

でも、コツコツやり直しながら、勉強しました。ただ、恥ずかしさはあった。わかっていなかったところがあったので。

 

関連:

【一人で生き抜くマンガ】「ドラゴン桜(2):三田紀房」書いて覚えたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

まとめ

 

 

以上のように、「数学を勉強し、一人で生き抜いていこう」について、お伝えしました。

 

  • 数学を勉強する意味は、生き残るためでもあり、生き抜くためでもあります
  • 数学を勉強するメリットは、論理的な思考、数量的なエビデンスを得られます
  • 小学2年生で算数をしっかり勉強すれば、中学高校の勉強が「できる」か「できない」で決められてしまう
  • 高校数学まで計算力はきっちりできて、理解した子が本当にできる子
  • 数学を勉強し直すなら、小学2年生の算数からやるのがベスト(ある程度の基礎力がある方は、確率をやっておくのがおすすめ。データ解析に必要な知識だから)
  • 応用・発展・受験は無理にやってはいけない

 

それでは。

 

 

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」支配者側の都合を知りたい方はおすすめ

 

「コロナを利用して、何をするのだろう?」

 

「みんなは気づいていないけど、これから先がこわい」

 

「支配者側にとって都合のいい内容は何か?知りたい」

 

上記のように、コロナ騒動に不安がある人に向けて書いています。それでも、コロナがあると信じている人からこんな声が。

 

「支配者?いるわけないだろう。ゲームかテレビの話でしょ。バカなことを言うの、やめろ!」

 

コロナ騒動に不安がある人とコロナがあると信じている人に、方法があります。

 

二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」を読んで、支配者側にとって都合のいい内容を理解しておくこと。

 

本記事を読んで、不安をふきとばし、支配者側の都合のいい内容を広めておきましょう。

 

 

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」を読んで欲しい方

 

  • コロナ騒動に不安がある方
  • 「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK:秋嶋亮」を読んだことがある方
  • 秋嶋亮さんのファンの方
  • 支配者側の都合のいい内容を知りたい方
  • 一人で生き抜く知識として身につきたい方

 

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」を読んで得られること

 

  • コロナ騒動の不安を解消することができます
  • 「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK:秋嶋亮」をまた読みたくなります
  • 秋嶋亮さんのことをもっと好きになれます
  • 支配者側の都合のいい内容を得ることで、今後の行動がわかるようになります

 

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」の概要

 

f:id:Q45vb4:20220309155901p:plain

 

コロナ騒動により、私達の生活が一気に変えられた。未知のウイルスにより、こんらんしていた。

 

しかし、コロナ騒動のうらには、ひそかにいろいろと実行していることがわかった。支配者側が自分たちの都合のいいように変え、国民に気づかれないように。

 

コロナ騒動のうらには、支配者側の都合のいい内容を知らなくてはいけない。一人でも多く知っておかなければなりません。

 

その都合のいい内容は、「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」を通しながら、解説してくれます。

 

「都合がいい?そんなわけないだろう」、「国民のためにやっているよ。まちがいない」などという人たちにおくります。

 

知らないと、生き抜くことできないよ。

 

「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」のプロフィール

 

秋嶋亮さん(あきしまりょう)響堂雪乃より改名。社会学作家。ブログ・マガジン「独りファシズムVer0.3」を主宰し、グローバリゼーションをテーマに精力的な情報発信を続けている。

 

主著として『独りファシズムーつまり生命は資本に翻弄され続けるのか?-』(ヒカルランド)、『略奪者のロジックー支配を構造化する210の言葉たちー』(三五館)、

 

終末社会学用語辞典』(共著、ヒカルランド)、『二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへー15歳から始まる生き残るための社会学』(白馬社)、

 

放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか』(共著、白馬社)、『北朝鮮のミサイルはなぜ日本に落ちないのかー国民は両建構造(ヤラセ)に騙されているー』(白馬社)

 

続・二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへー16歳から始める思考者になるための社会学』(白馬社)、

 

略奪者のロジック 超集編 ―ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち―』(白馬社)などがある。

 

二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK:秋嶋亮」より

 

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」の3個の抜粋ポイント

 

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」を読んで、抜粋ポイント3個まとめました。

 

  1. TwitterなどのSNSは、自由発言できない(読む前・読んだ後・今後の行動)
  2. コロナワクチンは安全ではない。真の目的は業界の利益(読む前・読んだ後・今後の行動)
  3. 管理型社会にするのが、最大の目的(読む前・読んだ後・今後の行動)

 

TwitterなどのSNSは、自由発言できない

 

【読む前】

 

TwitterなどのSNSを使って、自由に発言することができ、コロナのことについてはうそだよと伝えることができると思っていた。

 

【読んだ後】

 

二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」を読み、SNSで自由に発言することができなくなることがわかった。

 

Twitterでコロナワクチンについて、不適切な発信を勝手に削除。

 

デマ防止などのためだけでなく、政府にとって不都合なツイートを削除するのが狙い。

 

また、コロナワクチンの有効性を知っているユーザーは、自ら監視し、同調しない者は密告するという悪質なやり方をしています。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 自分はバカだと思われたくないかもしれません
  • 否定したくないから、密告していることも

 

発言しにくくなっているのも事実。

 

【今後の行動】

 

まだ自由に発言できるあいだは、コツコツツイートなどしていきます。一人でも多く真実を知って欲しいのです。

 

バカげた茶番を一日、いや、一秒でもいいから終わらせてほしいことを願っています。

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「政府は必ず嘘をつく:堤未果」日本政府に違和感がある人はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ(第5章編):響堂雪乃」これからの二ホンが起きることを知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

②コロナワクチンは安全ではない。真の目的は業界の利益

 

【読む前】

 

私はコロナワクチンについて、安心ではないと直感で思っていました。

 

【読んだ後】

 

二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」を読み、やはり、安全に保証されているものではないとわかった。

 

副反応が生じたとしても、負わないという条件で供給。

 

コロナワクチンが被害として出た際には、国が賠償の肩代わりをするという形になっています。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 約1年で開発したワクチンは、危険だということを知らない
  • みんな、取扱説明書を読んでいないなあと感じた

 

製薬会社は国民の病気を治すのではなく、利益を得ることが最大の目的。何人死んでも知ったことではないという感じがします。

 

【今後の行動】

 

私は死んでもコロナワクチンを打たないつもりでいます。保証していない以上、受けるつもりは一切ありません。

 

コロナワクチンの危険性、これからもコツコツ伝えていきます。

 

【関連】:

【無意味】「自粛する意味あるの?」と疑問に思っている方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「バカのための思考法(第5章編):浅村正樹」感情の仕組みを知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

③管理型社会にするのが、最大の目的

 

【読む前】

 

私の考えは、コロナワクチンを打って利益を得るだけという。そういう考えだけなのかなと、私は勝手にそう思ってしまった。

 

【読んだ後】

 

二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」を読み、コロナワクチンを利用し、管理型社会にするのが、最大の目的であることがわかった。

 

コロナワクチンの接種は任意。しかし、今後、就業や就職などの度に「接種済証」が求められます。それがないと私生活に影響してきます。

 

しかも、マイナンバーにひもづけすることを検討しており、コロナがなくなった場合でも、常に監視していく状態に。

 

監視によって、位置情報、戸籍などをデータ化し、プライバシーまでも監視してしまいます。

 

【読んで気づいたこと】

 

  • 監視と言う言葉自体知らないかもしれない
  • 「接種済証」がのちに苦しめられることをまだ知らない人が多い

 

コロナ騒動のうらには、管理型社会にしていくのであります。

 

【今後の行動】

 

コロナワクチンだけでなく、管理型社会の危険性についてもコツコツ発信していきます。管理型社会になってしまったら、自由がなくなってしまう。

 

そうならないためにも声をあげていきます。

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「デジタル・ファシズム(第1部編):堤未果」個人情報を心配している人はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

【関連】:

【一人で生き抜く書籍】「バカのための思考法(第4章編):浅村正樹」GAFAMのことを知りたい方はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ

 

まとめ

 

「【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第1章編):秋嶋亮」支配者側の都合を知りたい方はおすすめ」について、お伝えしました。

 

まとめると以下の通り。

 

  • コロナワクチンの危険性をツイートなどをすると、勝手に削除。政府にとっては不都合な内容だから
  • コロナワクチン推奨派は、自ら監視し、反対するものは密告します
  • コロナワクチンは安全に保証されているものではない。取扱説明書でも書いてあります
  • 製薬会社は病気を治すのではなく、利益を得るのが最大の目的
  • コロナワクチンを利用し、管理型社会にしていくのが本当の目的
  • 「接種済証」のきっかけで管理されていく

 

それでは。

 

【次回:第2章編】:

【一人で生き抜く書籍】「二ホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(第2章編):秋嶋亮」日本の政治に不安を思っている人はおすすめ - しんちゃんの一人になっても生き抜く教養娯楽ブログ